【アフィリエイト】12月にできる節税方法【16つ】

12月ギリギリに、アフィリエイターができる節税方法についてのメモ。

※個人事業主向けです(法人のことは書いてません)

12月にできる節税(経費関係)

アフィリエイト関連の出費

これが一番有力な節税。

例えば、

  • 新ドメイン
  • 中古ドメイン
  • サーバー
  • 外注費 ←特にコレ

など。

課税所得が700万レベルとかになってくると、使った経費の額の40%くらい得するから、なるべく使うようにした方がいい。

「経費を使うためにムダなモノを買う」というのは本末転倒だから止めとくべきだけど、

  • 「アフィリエイトする上で役立つもの」
  • 「売上をアップさせることができるかもしれないもの」

などは、積極的に経費で買っていく方が良いかも。(税金で取られるくらいなら未来に投資すべし!

ムームードメインだと、複数年契約すれば割引も使えるから、節税として使えるかも・・。(ほぼアウトだと思うけど)

※ただし、.com限定

アフィリエイトの備品購入

アフィリエイトするのに必要な備品とかの購入。

例えば

  • パソコン
  • マウス
  • ディスプレイ(モニタ)
  • これから作ろうとしてるサイトに関連するモノ
  • 無線LANルータ・無線LANアダプタ
  • ・・etc

など。

デュアルディスプレイとかオススメだよ。仕事が捗るよ。

参考Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ディスプレイ
参考Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: モニタアーム&スタンド

アフィリエイトサイトの購入

「アフィリエイトサイトを経費として買ってしまおう!」という戦略。

俺は買ったことないから良く分からんが、かなりの節税が見込めるのは確実。

アフィリエイター向けの記事。 サイトの購入費を、経費として計上する方法についてメモ。 この記事は税金素人が書いているゆえ、間違ったこ...
サイト(ブログやホームページのこと)の資産価値について調べたくなった。 なので 「サイトの資産価値ってどうなるの?」 ...

減価償却している資産を処分する

例えば、パソコンを「減価償却資産」で償却する場合、4年かけて償却するわけだが、

1年目で無理やり廃棄(まだ使えるのに)することで、「1年目で全額償却しちゃう!」みたいなやつ。

新品のモノを廃棄するなんて「本末転倒じゃねーか!」って話だし、これがバレると脱税扱いになるらしいから、オススメはできない。

損失が出ている仮想通貨で経費を支払う

損失が出ている仮想通貨で経費を支払うと、損失分を事業所得とすることができるので、アフィリエイトの売上と損益通算できる。

詳細は以下ページをみてください。

国税庁が、 ビットコインを始めとした仮想通貨にかかる税金は「こんな感じになるよー」というガイドラインを発表した↓。 ...

広告の名義を変更する

「年末調整している人に名義を貸して貰って20万円を節税しようぜ!」というグレーな節税方法。

詳細は以下ページをみてください。

個人のアフィリエイター向けの節税記事。 「サイトに貼っている広告の名義を変更するだけで、20万円を節税できるんじゃ・・?」 と思...

12月にできる節税(所得控除関係)

ふるさと納税する

「やってない奴ってただの情弱だろ?」ってレベルにお得なふるさと納税。

12/31当日(23時59分)まで間に合う。

やってないなら急ごう。

画像引用:総務省|ふるさと納税ポータルサイト このページは、 「ふるさと納税するなら、ASP・ポイントサイト等からセルフバックする...

ただし、自治体によっては、

  • 「クレジットの決済日で納税日を判断するよ~」
    • 「12月に支払ったけど、クレジットカードの決済月が2月な場合は2月にするよー」みたいな意味
  • 「12月下旬に申し込まれた分は、来年分にするよ~」

みたいなところもあるっぽいから(?)、寄附する前に事前に確認した方が良いかも。

小規模企業共済に加入する

12月に加入して前納すれば、最大「84万円」を所得控除できる。

これは加入しないと絶対損だと思うので、月1,000円でいいので加入しとこう。

個人事業主のための退職金制度「小規模企業共済」。 これのメリット・デメリットについて、アフィリエイターの俺が書いてみる。 「アフィリ...
専業アフィリエイターだけど、「小規模企業共済」への加入が完了したった。 同じような人のために、色々とメモっとく。 加入資格...

「小規模企業共済」のような「所得控除」の制度として、

  • 経営セーフティ共済」・・・最大240万円(経費として計上)
  • 確定拠出年金」・・・最大81万6千円(所得控除)

などもあるが、これらは12月に加入しても間に合わない。

ただ、「経営セーフティ共済」については、既に加入済な場合、12月5日までなら掛金の前納を申し込める↓。

アフィリエイターの俺が、 経営セーフティ共済(倒産防止共済)に入るメリット・デメリットを書いてみる。 個人事業主・法人の人は参考にし...
日本国民のための退職金制度「確定拠出年金」。 これのメリット・デメリットについて、アフィリエイターの俺が書き殴ってみる。 「アフィリ...

生命保険に加入する

大した節税にはならないけど、最大4万円まで「所得控除」できる。

%e7%94%9f%e5%91%bd%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e6%8e%a7%e9%99%a4
▲引用:No.1140 生命保険料控除|所得税|国税庁

家庭を持ってる人なら、最低限の生命保険に入っとくべき。

独身なら「じぶんの積立」に加入すべき。

「独身」や「子なし夫婦」の中には、 「生命保険には加入していない! だから、生命保険料控除の枠が100%余っている!」 ...

地震保険に加入する

これも大した節税にはならんが、

5万円までなら全額「所得控除」にできる。

%e5%9c%b0%e9%9c%87%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e6%8e%a7%e9%99%a4
▲引用:No.1145 地震保険料控除|所得税|国税庁

マイホームを持ってる人なら入ると良いかも。

国民年金の支払い

例えば、2016年分(2016年4月~2017年3月)の「国民年金」を、2016年12月分までしか払っていない場合、

  • 2017年1月
  • 2017年2月
  • 2017年3月

分の保険料を2016年12月中に払うことで、2016年の「社会保険料控除」にできる。

国民年金は「クレジットカード」で「1年払い」が常識。

年払いにするだけで4,000円くらい得するよ。

家賃の1年払い

家賃を、「月払い」から「年払い」に変更して、前払いすることでも節税できるっぽい。↓

月払い家賃を年払いに契約変更して年内に1年分前払いしますと,継続適用を条件に1年分全額が年内の必要経費となります。

引用:12月の駆け込み節税 | 北村税理士事務所

ただ、↑に書いてるように、「年払い」にした後に「月払い」に戻すことは不可能っぽい。

家賃って地味に高いから、ずっと「年払い」はキツイかもね。

家を買う

「節税の為に家を買う」という荒業。

「住宅ローン控除」ってマジすごいよ。

結婚する

「配偶者控除」(38万)を使う方法。

「節税のために結婚する」という本末転倒の荒業。

このページは、主婦(主夫)アフィリエイター向けのページ。 「夫(妻)の配偶者控除から抜けたくない!」 「抜けないためにどうす...
このページは、主婦(主夫)アフィリエイター向けのページ。 「夫(妻)の社会保険から抜けたくない!」 「抜けないためにどうすれ...

親・親戚を扶養に入れる

「扶養控除」(38万)を使う方法。

例えば、「収入0円なニートの兄弟を自分の扶養控除に入れたろ!」みたいなワザ。

ちなみに扶養の条件としては、以下の4つに該当する人じゃないとムリらしい。

(1) 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

引用:No.1180 扶養控除|所得税|国税庁

「生計を一にしていること」というのが割と鬼門やと思うかもしれんが、仕送りさえしとけば「生計を一にしていること」に該当する。

そして、「仕送りの証拠」は別に不要だった気がする。

医療費を10万以上使う

「医療費控除」を使う方法。

10万を超えた分については控除対象となる。

歯並びの悪い人なんかは、「歯列矯正」するのがオススメかも。

歯列矯正は、(病院によって)審美目的の治療(キレイに見せるための治療)だったとしても、

かみ合わせが悪いっていう診断書を書いてくれ!」ってやんわり頼めば、書いてくれるところもある。(ソース俺)

矯正って最初に一括で払うと「100万円」くらいするから、控除の対象としては最強だと思う。

税率が40%の場合、40万円も返ってくるし。

まとめ

・12月になって焦るのが悪い(大人しく税金払え)

・常日頃から税金対策をすべし

おわり

アフィリエイターが活用できる「所得控除制度」をメモ。 ※この記事を書いてる人は「専業アフィリエイター」です 個人事業主が使用できる所得控...
「アフィリエイターの国民健康保険料を安くする方法はないのか?」をいろいろ調べた。 それのメモ。 ※自治体によっては「国民健康保険料」...
アフィリエイトで、経費として計上できる費用についてメモっとく。 アフィリエイター・ブロガーなどは参考にしてみてくだされ。 最初に 経費...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク