【小規模企業共済】アフィリエイターは加入すべきか?|メリット・デメリットについて

個人事業主のための退職金制度「小規模企業共済」。

これのメリット・デメリットについて、アフィリエイターの俺が書いてみる。

「アフィリエイターだけど、加入しようか迷ってる!」って人は参考にしてみてください。

結論から先書いとくと、

お金がなくても、(月1,000円で良いから)絶対に加入しとけ!

です。

小規模企業共済とは?

%e5%b0%8f%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e4%bc%81%e6%a5%ad%e5%85%b1%e6%b8%88

個人事業主の為の退職金制度。

主な内容は、

  • 支払った掛け金を、全額所得控除にできる
  • 長く加入すればするほど、解約時に得する(掛け金の120%とかが戻ってきたりする)

の2点。

個人事業主なら、この制度を知った時点で加入すべきだと思う。

詳しい内容

ちょっとだけ詳しく制度の内容を箇条書き。

  • 個人事業主なら誰でも加入可能(会社員は不可)
  • 掛け金が、全額所得控除となる
    • 掛け金は、月額1,000円~7万円までの範囲(1,000円刻み)
    • 12月に掛金の一括前払い(1年分)も可能(その場合、ちょっとだけ得する)
  • 長く加入すればするほど得する(最大120%戻ってくる)
    • 20年未満では元本割れする
    • 12ヶ月以上納めていれば、8割は戻ってくる
  • 共済金・解約手当金(退職金みたいなもん)を受け取る時、税法上の取扱いが有利
    • 一括受取りの場合:「退職所得」として受け取れる
    • 分割受取りの場合:「公的年金等の雑所得」として受け取れる
  • 何回でも加入・解約できる
  • 低金利(0.9~1.5%)で貸し付けをしてもらえる
    • 貸し付け額は、掛け金の7~9割分
    • 即日~数日ですぐに貸し付けてもらえる
  • 入会費(加入費的なもの)無料
  • 維持費(年会費的なもの)無料
  • 減額・増額は自由に変更可能

※詳しくは公式サイトを参照
中小機構:小規模企業共済: 小規模企業共済

加入するメリット

たぶん、主なメリットは3つだと思われ。

①掛け金を全額所得控除!

掛け金を全額所得控除にできる。すごい。

例えば、

  • 課税所得が「600万」の場合
    • 月3万を掛け金としてぶっ込めば、「10万円/年」節税できる
    • 月7万を掛け金としてぶっ込めば、「25万円/年」節税できる
  • 課税所得が「800万」の場合
    • 月3万を掛け金としてぶっ込めば、「12万円/年」節税できる
    • 月7万を掛け金としてぶっ込めば、「28万円/年」節税できる
  • 課税所得が「1,000万」の場合
    • 月3万を掛け金としてぶっ込めば、「15万円/年」節税できる
      月7万を掛け金としてぶっ込めば、「36万円/年」節税できる
  • ・・etc

って感じ。

課税所得によるが、(ザックリ)掛け金の2~3割くらいは節税になる

つまり、実質、掛け金の2~3割は割引されるということ。(ただし、所得が低ければ低いほど、節税額も微妙になってくるから注意)

screenshot_121

引用: 掛金の全額が所得控除になるということですが、どのくらいの節税になりますか。

②長く加入すればするほど得する!

加入期間が長ければ長いほど、返ってくる元本が多くなる。

任意で解約する場合は、↓の表通りに元本を返してもらえる。

%e9%95%b7%e3%81%8f%e5%8a%a0%e5%85%a5%e3%81%99%e3%82%8c%e3%81%b0%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%81%a9%e5%be%97%e3%81%99%e3%82%8b

引用:小規模企業共済: 解約手当金の額の算定方法

  • 1年(12ヶ月)未満:1円も返ってこない!
  • 1年(12ヶ月)以上:80%返ってくる!
  • 20年(240ヶ月)以上:100%返ってくる!
  • 40年(480ヶ月)以上:110%返ってくる!

最低でも1年加入しとけば、80%返ってくるから、1年未満に解約するのだけはやっちゃダメ。

とりあえず、20年間加入して、20年経過時点でどうするか決めたらいいと思う。

ちなみに、個人事業主を廃業したり、死んだり、65歳以上で180ヶ月以上加入した場合などは「共済金」って奴が貰える。

この共済金」って奴だと、基本的に元本割れしない。

例えば、50歳に加入して15年間加入して解約した場合なんかだと、1円も元本割れしない。むしろ元本より多くなって帰ってくる。

お得すぎだろこの制度。神かよ。

詳しくは以下サイトなどが参考になると思います。

共済金Aや共済金Bなど受取事由毎の計算方法や課税関係のまとめ | 【節約投資のススメ〆】

③受け取る時は「退職所得控除」などを適用できる!

受け取るときは、税制の優遇を受けられる。

  • 一括で受け取る場合:
    • 退職所得控除」が適用される
  • 分割で受け取る場合:
    • 所得区分が「公的年金等の雑所得」になる(年金の控除が受けられる)

経営セーフティみたいに、「受け取るときも通常通り累進課税になるよー」とはならない。

すごくお得。

ちなみに、「退職所得控除」ってガチで有能やからな!

例えば、20年勤務で2,000万円を退職金としてもらう場合、課税対象は600万くらいまで抑えられるで!

参考:No.1420 退職金を受け取ったとき(退職所得)|所得税|国税庁

④低金利(0.9~1.5%)で貸し付けをしてもらえる

低金利(0.9~1.5%)で、掛け金の7~9割分くらいを貸し付けてもらえる。

これは「法人&組織化して稼いでるアフィリエイター」などからしたらメリットかもしれないけど、俺のように1人でコツコツ作業しているアフィリエイターには、あまり旨味がないと思う。

ドメイン代とサーバー代さえあれば稼げるからな、アフィリエイトなんて。

加入するデメリット

たぶん、デメリットは3つ。

①元本割れのリスク!

20年以内に解約すると、元本割れしてしまう。

ただ、12ヶ月加入しとけば、元本の80%は返ってくるから、節税額も考慮すると、おそらくプラマイ0くらいにはなると思う。

課税所得700万とかの場合、30%くらいの節税になるだろうから、むしろ少しプラスになるんじゃね?ってレベル。

元本割れする心配は殆どないと思われ。

だからまぁ、加入して損するってことはほぼないと思う。

②インフレのリスク!

予定利率が1%しかないから、将来的に超インフレになった場合、損しちゃう可能性がある。(物価スライドしてくれるわけでもないし)

現在の共済金の予定利率は、1.0%です。(平成16年4月より)

引用:小規模企業共済: 共済金の予定利率を教えてください。

というか現状、少子高齢化で「社会保障費急増」「税収減」=「国債発行額急増」で、インフレする確率の方が明らかに高いよね。(まぁ分からんけど・・)

インフレが心配な人は、「確定拠出年金」に加入して、海外株式に投資しよう。

日本国民のための退職金制度「確定拠出年金」。 これのメリット・デメリットについて、アフィリエイターの俺が書き殴ってみる。 「...
タイトル通り。 SBI証券で「確定拠出年金」に加入したった。 どうせだから手順とか、色々書いてみる。 加入手順 ①資料を取り...

③小規模企業共済という制度の破綻リスク!

詳しいことは分からんが、

「小規模企業共済」っていう制度自体が、なくなるリスクも0じゃないよね。やっぱ。

まぁ将来がどうなるかは誰にも分からんが・・。

④減額すると減額分には金利が付かない!

小規模企業共済では、払い込んだお金に対して、1%の金利が付く。(PDF

だけど、減額した分の払い込んだお金については、この金利がつかないらしい。

例えば、月70,000円の掛け金を、月10,000円まで減額した場合。

今まで払ってきた60,000円分については、金利がつかないらしい。

なんでこんなクソ仕様にしてるんだろう・・。

まとめ

・(色々書いたけど)得することはあっても、損することはまず無い制度やから、アフィリエイターは絶対に加入しとくべき

・銀行に貯金をするくらいなら、(余裕がある範囲で)小規模企業共済に全額ぶっ込んどけ

おわり

専業アフィリエイターだけど、「小規模企業共済」への加入が完了したった。 同じような人のために、色々とメモっとく。 加入資格...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク