個人事業主が国民健康保険を安くする方法8つ【高すぎるやろがい!!】

国民健康保険料の通知が来ました。

は?年間73万円?

年収の10分の1以上じゃねーか!

ボッタクリってレベルじゃねーぞ!!

 

これって10日に1日は保険料のために働いてる計算だろ・・。

病院なんて1年に1回すら行かんのに・・。
アホらしい・・。本当にアホらしい・・。

ああ、どうにかしたい・・。

 

というわけで、

個人事業主が国民健康保険料を安くする方法ってねーの?」と調べたので、

その結果をメモしておきます。

自治体によっては「国民健康保険」=「国民健康保険」と呼んでる所もあります
(ほぼ同じ意味らしいので、この記事では「国民健康保険」で統一します)

(個人事業主が)国民健康保険料を安くする方法

おそらく、8つ方法があると思われ。

方法①:経費を使いまくる

s-%e6%96%b9%e6%b3%95%e2%91%a0%ef%bc%9a%e7%b5%8c%e8%b2%bb%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%8b

国保料はザックリと以下の式で計算される。

国保料= 課税所得 ✕ 保険料

 

つまり、「所得を低くすれば、国保料も安くなる」ということ。

ただし、ここで注意なのは、国保料は「課税所得」に対して掛けられるのではなく、「所得」に対して掛けられるという点。

①収入 ー 経費 =所得
         ↑
         国保料、消費税、事業税などはこれに対して掛けられる

②所得 ー 所得控除 = 課税所得
            ↑
            所得税、住民税などはこれに対して掛けられる

 

つまり、所得控除(例えば小規模企業共済、確定拠出年金など)をいくら高くしようが、国保料は変わらないということ。

だから、国保料を安くしたいなら、経費を使いまくるしかない。

方法②:青色申告する

%e9%9d%92%e8%89%b2%e7%94%b3%e5%91%8a%e6%b1%ba%e7%ae%97%e6%9b%b8

「方法①:経費を使いまくる」で、国保料は以下↓の式で計算されると書いたけど

国保料 = 所得 ✕ 保険料

これは↑嘘だ。(分かりやすくする為に簡略化したのだ)

 

本当は、

国保料= (所得 ー (青色申告特別控除 10万 or 65万)) ✕ 保険料

となる。

 

つまり、青色申告にした場合、「青色申告特別控除」をそのまま経費として上乗せできる。

「青色申告特別控除」は「控除」という名前だけど、保険料を計算する際は「経費」のように計算できるのだ。

ちなみに、個人事業税を計算する際は、青色申告の控除は除外して計算する。

  • 個人事業税 = (所得 ー 290万)✕ 事業税率
ただし、青色申告特別控除が計算に考慮されない市町村もあるらしいから、詳しくは自分の市町村のホームページを見るべし。
(ちなみに俺の住んでる大阪市では考慮されていた)

方法③:青色専従者給与を払う

「方法②:青色申告する」で、国保料は以下の式で計算されると書いたが、

国保料 = (所得 ー (青色申告の場合、10万 or 65万)) ✕ 保険料

これも↑実は嘘だ。(分かりやすくする為に簡略化したのだ)

 

本当は、

国保料 = (所得 ー (青色申告の場合、10万 or 65万)ー 青色専従者給与(青色申告の場合で払っている場合) ✕ 保険料

となる。

 

つまり、

「配偶者・子供などの身内に給料として払えば払うほど、保険料は安くなる!」

ということだ。

青色申告のメリットはここにもあるんだな!

ただし、「青色申告特別控除」と同じく、「青色専従者給与」も市町村によって、国保料の計算に考慮されない場合があるらしい。

詳しくは自分の市町村のホームページを見るべし。(ちなみに僕の住んでる大阪市では考慮されていました)

方法④:国民健康保険組合に入る

日本は「国民皆保険」と言って、「お前ら絶対何らかの保険に入れよ!」と強制するルールがある。

だから、

自営業であろうと、
会社員であろうと、
無職であろうと、

誰であろうと絶対に保険に入らないといけない。

「国保なんて抜けてやるわい!」と脱退できないのは、このルールがあるからなのである。

個人事業主が入れる保険

%e5%80%8b%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e4%b8%bb%e3%81%8c%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b%e4%bf%9d%e9%99%ba

それで、個人事業主が入れる保険としては、

  1. 国民健康保険(通称:国保)
    • 無職や老人など、誰でも入れる奴
  2. 国民健康保険組合(通称:国保組合)←コレにすると安くなる!!
    • 職業毎に入れる奴
    • めちゃくちゃ種類がある(160くらい?ある)

の2種類がある。

 

個人事業主の大半は「国保」というアホみたいに保険料が高い保険に加入していると思うけど、「国保組合」って奴に入ると保険料が安くなるケースがある。

具体的にいうと、

  • 独身 or 子なしで無職の配偶者有
  • 所得が高い

この条件に当てはまる人なら、「国保」に比べて保険料は安くなる可能性が高い。

なぜなら、「国保組合」の保険料は(所得が高かろうが低かろうが)全て定額だから。

国保組合の種類

以下のような感じで、職業毎に色々ある。

  • 関東信越税理士国民健康保険組合
  • 東京芸能人国民健康保険組合
  • 東京技芸国民健康保険組合
  • 東京自転車商国民健康保険組合
  • 東京写真材料国民健康保険組合
  • 福井食品国民健康保険組合
  • 京都芸術家国民健康保険組合
  • 京都市中央卸売市場国民健康保険組合
  • 京都花街国民健康保険組合
  • 大阪文化芸能国民健康保険組合
  • 大阪府食品国民健康保険組合
  • 近畿税理士国民健康保険組合
  • 大阪衣料品小売国民健康保険組合
  • 神戸中央卸売市場国民健康保険組合
  • 全国土木建築国民健康保険組合
  • 文芸美術国民健康保険組合
  • 東京食品販売国民健康保険組合
  • 東京青果卸売国民健康保険組合
  • 東京都弁護士国民健康保険組合
  • 静岡市食品国民健康保険組合
  • 京都料理飲食業国民健康保険組合
  • 京都市食品衛生国民健康保険組合
  • 大阪府整容国民健康保険組合
  • 大阪中央市場青果国民健康保険組合
  • 大阪府たばこ国民健康保険組合
  • 大阪市公設市場国民健康保険組合
  • 兵庫食糧国民健康保険組合
  • 兵庫県食品国民健康保険組合
  • 東京理容国民健康保険組合
  • 東京料理飲食国民健康保険組合
  • 東京美容国民健康保険組合
  • 東京浴場国民健康保険組合
  • 神奈川県食品衛生国民健康保険組合
  • 名古屋市食品国民健康保険組合
  • 京都府酒販国民健康保険組合
  • 京都府衣料国民健康保険組合
  • 大阪府小売市場国民健康保険組合
  • 大阪府浴場国民健康保険組合
  • 大阪質屋国民健康保険組合
  • 大阪木津卸売市場国民健康保険組合
  • 明石浦国民健康保険組合
  • その他・・etc

自分の職業がどれに当てはまるのかは、「自分の職業名 国民健康保険組合」とかでググったらすぐに分かると思う。

どっちが安いか!

例えば、大阪市に住んでる僕の国保料はザックリ「73万/年」なわけですが、

僕の場合、アフィリエイターなので「文芸美術国民健康保険組合」という組合くらいしか入れる可能性があるのがない。

 

それで、もし「文芸美術国民健康保険組合」に加入することができれば、保険料を大体「20万/年」以下くらいにできる。(ザックリだけど)

つまり、「文芸美術国民健康保険組合」に入ることが出来れば、保険料を3分の1以下にできちゃうのだ。

73万/年 → 20万/年 まで保険料を下げられる!!

スゲーー!!

所得がどれくらいの人はどっちに入れば良いのか

「国保組合」の保険料は、加入する「国保組合」によって変わってくるけど、所得が300万以上くらいある人は、「国民健康保険組合」に入った方が安いと思われる。

詳しくは自分で試算しているべし。

方法⑤:就職する

%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%99%e3%82%8b

就職のメリットってすごいよ。

以下、メリット。

  • 会社の「健康保険」(社会保険)に加入できる
    (つまり、アホみたいに高い「国民健康保険」に加入する必要がなくなる)

    • 保険料は、就職した会社の給料によって決定されるので、個人事業主としてどれだけ稼ごうとも、保険料は変化しない
    • しかも、会社が半分負担してくれる

 

つまり、

  • 就職した会社の月収:20万
  • 個人事業主としての月収:1,000万

とかだったとしても、保険料の計算に使用されるのは「20万」だから、
保険料はめちゃくちゃ安いという寸法。

就職最強すぎる。

方法⑥:法人化する

%e6%b3%95%e4%ba%ba%e5%8c%96

法人化すると、自分に「役員報酬」として給料を支給することになる。

それで、その「役員報酬」を低く設定すれば、保険料をかなり安くできる。

 

例えば、

  • 法人の所得:1,000万円
  • 個人の所得:0円

という風にすれば、個人の所得「0円」で保険料は計算されるので、激安になるという寸法。

 

「保険料が高すぎて死にそう」という個人事業主は、法人化を検討すると良いかもしれない。

※法人は仕組みがややこしいから、本とかで勉強した方が良いと思います

個人事業主におすすめの税金入門本7冊【確定申告&節税対策】
▲読んだ本 僕(専業アフィリエイター)が、 税金初心者の頃に読み漁った本(と言っても今も初心者ですが)をレビューしたいと思います。 ...

方法⑦:保険料の安い市町村に引っ越す

%e4%bf%9d%e9%99%ba%e6%96%99%e3%81%ae%e5%ae%89%e3%81%84%e5%b8%82%e7%94%ba%e6%9d%91%e3%81%ab%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%99

国保料は、市町村によって料金が違う。

具体的には、「病院通いまくりの老人」や「無職」がたくさん居たりする市町村は保険料は高くなる。

なぜならコイツラの分まで負担しなければならないから。

あと、自治体自体の財政が悪かったりしても、保険料は高くなりがち。(例えば神戸市など)

 

例えば、俺の住んでる大阪でも、住んでる市が違うだけで全然違う。↓

○年収400万の場合

  • 茨城市の場合:30万円くらい
  • 東大阪市の場合:55万円くらい

差=25万円(55-30)

市を5つ隣に移っただけで、年額25万(月2万)も違ってくる

こんなに差が出るなら、引越し代くらい余裕でペイできるから、引っ越したほうが絶対得ですわな!

引越し見積もり・料金比較&業者予約なら【引越し侍】

ちなみに、「自分の住んでる都道府県のどの市町村が保険料が安いのか」を調べたいなら、「大阪 国民健康保険料 比較」などのワードでググると分かる。

方法⑧:複数の世帯を1本化する

世帯が複数ある場合は、世帯を一つに統一することで、保険料を安くできることがある。

国保料の「平均等」は、「一世帯につき○○万円」という計算だから、世帯が少ないほど保険料は下がるからである。

 

例えば、同じ家に住んでいるのに、

  • 親世帯
  • 子世帯

みたいな感じで、世帯が2つに分かれているようなケースだと、世帯を一本化すると安くなることがあるかもしれない。

ちなみに、「世帯」と「戸籍」は違う意味なので注意。

まとめ

というわけで、個人事業主が国保料を安くしたいなら、

1.経費を使う

2.青色申告する

3.青色専従者給与を払う

4.自分の職業に合った「国民健康保険組合」があるなら入る

5.「就職」する(保険料を安くする為だけに就職するという本末転倒(?)の荒業なり!)

6.法人化する(「役員報酬 ー 給与所得控除分」だけ保険料を安くできる)

7.保険料の安い市町村に引っ越す

8.複数の世帯を1本化する

の8つがある、ということですな!

 

おわり

コメント