個人事業主が社会保険に入る為にバイト(副業)するとどれくらい節税できるのか【国民健康保険、国民年金】

s-yuuki150321200i9a4368_tp_v

この記事↓で書いたが、

個人事業主(アフィリエイター)な俺。 国民健康保険料(国保料)が高すぎて憤怒中なり。 は?年間73万円? 年収の10分の1...

中途半端に稼いでしまっている個人事業主(所得400~800万くらい)の「国民健康保険料」を節税する方法の1つとして、「就職 or バイトする」がある。

これはどういう事かということ、

個人事業主は中途半端に稼ぐと「国民健康保険料」がめちゃくちゃ高くなる
(80万円/年とかになる)


じゃあ「法人化」して「社会保険」に入れば良いんじゃね?
(「法人化→利益を赤字→社会保険に加入して国民年金と国保料を節税する」って流れ)


でもそれだけの為に法人化するの勿体なくね?
(消費税のこととか色々と懸念点があるし、税理士とのやり取りが面倒臭いし、そもそもアホらしい・・)

せや!彡(゜)(゜)

社会に出て働いて「社会保険」に加入すれば良いんや!彡(^)(^)

ということ。

つまり、一言で言うと、「国民健康保険料」と「国民年金」を節税する為だけにバイトしようぜ!ってこと

なんという本末転倒っぷり。

しかし、節税効果はすごいんじゃね?

注意:

この記事の内容は、個人事業主が「本業」な人が対象。

個人事業主が「副業」な人には関係ないので注意。(例えば本業が会社員なら「健康保険」+「厚生年金」+「・・etc」って感じで既に「社会保険」に入ってるよね?って話し)

そもそも社会保険料はバイト収入で決まるのか?

例えば、

  • 個人事業主としての所得:700万
  • バイトとしての所得:100万

計:800万

って感じな場合、「100万」基準で「社会保険料」は決まるのか?って話。

800万」基準で決まると困ったことになるからな。(「社会保険料は会社と折半だから、バイト先にも迷惑をかけるし、そもそも保険料が高くなっちゃ意味ねーじゃん」って話)

んで、ググってみると、「社会保険料」は「100万」基準で決まるっぽかった。

以下ソース。

3,フルタイム勤務+自営業
4,自営業+パートタイム勤務

自営業は2号被保険者ではないので、健康保険法44条3項、厚生年金保険法24条2項が適用されません。そのため、上記のパターン3と4の場合は、双方の報酬を合算しません。

引用:副業すると社会保険料が増える? – 労務管理のツボをギュッと押す社労士です

ただ、今後はマイナンバーのせいで、「本業+副業の収入両方で決まるようになるかもしれん」とも書いてた↓。

ただ、今ではマイナンバーがありますので、被保険者種別が異なっていても、横断的に名寄せして社会保険料を計算する可能性はあります。とはいえ、今のところそうはなっていません。

とりあえず、今のところは、この方法は有効みたい。たぶん。

どれくらい節税できるのか

どれくらい節税できるかシュミレーションしてみる。

ちなみに、バイト(パート)が社会保険に加入するためには、

  • 労働時間(1日あるいは1週間):一般社員の3/4以上
  • 労働日数(1ヶ月間):一般社員の3/4以上

っていう2つの条件を満たす必要がある。(片方だけじゃダメ)

具体的には、

  • 加入する健康保険:
    • 協会けんぽ
  •  正社員の条件:
    • 労働時間:245日 ✕ 8時間/日 =1,960時間
  • バイトする条件:
    • 年齢:40歳未満(介護保険第2号被保険者に該当しない場合)
    • 働く場所:大阪
    • 時給:1,000円/時
    • 労働時間:1960時間3/41,470時間
    • 給与収入:1,470時間1,000円/時147万円
    • 給与所得:147万 ー (147万 ✕ 0.4) =88.2万

って感じを仮定する。

この仮定を元に、加入前と加入後で比較してみると、

  • 加入前:
    • 国民年金:20万くらい
    • 国民健康保険:80万くらい(MAX)
      合計:100万くらい
  • 加入後:
    • 厚生年金:11,454.66円/月 ✕ 12ヶ月 ≒ 14万くらい
    • 健康保険(協会けんぽ):6,344.1 ✕ 12ヶ月 ≒ 8万くらい
      合計:22万くらい

差額:100万 22万78万

計算の根拠的なやつ:

「厚生年金」と「健康保険」の月額の保険料は以下↓のPDFから算出した。

んほおおおお!

中途半端に稼いでる個人事業主が、バイトして社会保険に加入すると78万も節税できるらしいいいいい!

中途半端に稼いでる個人事業主共おおおおお!

今すぐバイトしてこいいいいいいやああああああ!!( 厂˙ω˙ )厂

その他の2つメリット:

  • 「厚生年金」に加入することになるから、老後に貰える年金もアップする
  • バイトとして働いた給与所得「88.2万」もあるから、「節税効果78万 + バイト所得88.2万 = 166万」
    • つまり、結果的にバイトすることで166万くらい得する(?)ってことになる(「働いてるんだから得なわけじゃねーだろ!!」ってツッコミは無しで頼むん)

ただ、よくよく考えると、翌年の「社会保険料控除」も考慮する必要があると思うから、税率30%として、

  • 加入前:100万 × 30%30万
  • 加入後:22万×30%6.6万

差額:(100万 ー 30万)ー (22万 ー 6.6万54.6万

って感じになると思う。

だから最終的には「54.6万」くらいの節税になるらしい。(ややこしいな・・)

いつバイトするのが良い?

「国民健康保険」の保険料が決定するのは5~7月(自治体によって違うっぽい?)

だから、5~7月からバイトを始めて「社会保険」に加入すれば、高い保険料を払わなくても良いと思われ。

ただ、実際は、社会保険に加入する半年前とかから働きはじめないと、加入させてもらえないかも・・。(バイト先によって違うと思われ・・)

ちなみに参考として、
俺が住んでいる大阪市では「6月」に保険料が決定されるっぽかった。↓

4月から来年3月までの国民健康保険料を6月に決定し、6月中旬に区役所から世帯主の方へ「国民健康保険料決定通知書」を送付します。

引用:大阪市市民の方へ 平成28年度大阪市国民健康保険料のお知らせ

だから俺の場合は、4~5月くらいに「社会保険」に加入すれば良いってことダナ!

まとめ

・中途半端に稼いでしまっている個人事業主(所得400~800万くらい)がバイトして「社会保険」に入ると、55万/年くらいは節税できる!めちゃお得!

・しかし、社会保険に入る為にはサラリーマン並に働かないといけないので「あれ?本末転倒じゃね?」ってなる予感

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク