アフィリエイトは個人事業税の対象なのか?【文筆業にするとワンチャン?】

s-d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

このページは、

  • 「アフィリエイトは個人事業税の対象なのか?」

ってのを書いた記事。

※個人事業税は「所得290万」以上な場合に掛かる税金。

だから、「所得290万」以下の雑魚アフィリエイターには関係無い記事。
(つまり、雑魚は帰ってOK

アフィリエイト=個人事業税の対象

(ネットで調べた感じ)アフィリエイトは、

  • 基本的には「個人事業税」の対象
  • しかし、都道府県によっては対象外かもしれない
    (職業を「文筆業」とかにするとまぬがれるかも?)

って感じだった。

ちなみに税率は「5%」。

例)大阪の場合

俺は大阪府に住んでるんだけど、気になったから自分で「府税事務所」に電話した。

その電話内容が以下↓。

俺「”アフィリエイト”って何かご存知でしょうか?」

府税「はい。(即答)」

俺「アフィリエイトは個人事業税の対象でしょうか?」

府税「はい。(即答)」

俺「あ・・・」

俺「わかりました。ありがとうございました。(涙目)」

って感じで、10秒くらいで「個人事業税」を払うことが確定した。

確定申告書の職業欄を「文筆業」にして、「あわよくば個人事業税から逃れたい!」って思ってたけど、儚く散った。

てわけで大人しく、職業欄を「WEB広告業」にすることにした。

ちなみに電話した先は、このページ(大阪府/お問合せ先)に載ってる「06-6775-1361」(大阪)。

なぜここに電話したかと言うと、最寄りの税務署に電話すると「個人事業税の担当は違う所。だから今から言う番号に掛け直してくれ。」って言われたから・・。

自分の住んでる都道府県が個人事業税の対象か知りたいなら?

「自分の都道府県は個人事業税の対象なのか?」って疑問に思う人は、
自分で訊くのが手っ取り早いと思う。

おそらく、対象となる都道府県なら、即答で「対象です。」って言われるはず。

どこに電話すべきかわからないなら、

  • 「都道府県名 個人事業税」

とかでググると、電話番号とかが書いたページが出て来ると思うから、そこに電話すれば良いと思ふ。

それかネットで「●●県 アフィリエイト 個人事業税 対象」とかでググると、もしかしたらヒットするかもしれん。

個人事業税の対象じゃない県に住んでいるなら?

個人事業税の対象じゃない県に住んでいるなら、
「個人事業税」の対象とならない職業名(「文筆業」など)を、確定申告書に書いて申告すれば、個人事業税から逃れられるかもしれん。

希望が生まれるかもしれん。エスポワールかもしれん。

s-c68e85fc

しかし、後日、

「文筆業って書いてるけど、具体的にどんな事してんの?」

って税務署から電話とかラブレターが来るかもしれん。

そうなったら白状するしかないでござる。

追記(2017年8月4日):

職業欄を「WEB広告業」にしても、次のようなような手紙が来たから、どうせなら「文筆業」にしてワンチャン狙うと良いかもしれん。。

職業名はどこに書くのか

確定申告書B(第一表)の右上らへんにある「職業」のとこに書く。

ちなみに、「開業届で”WEB広告業”として提出してしもた!!」って場合でも、
確定申告書で「文筆業」にしとけば、「文筆業」として受理されるらしい。

まとめ

1.もし、「アフィリエイト=個人事業税の対象」の都道府県に住んでるなら、確定申告書の「職業欄」を「文筆業」とかにすればワンチャンあるかも

2.もし、「アフィリエイト=個人事業税の対象」の都道府県に住んでるなら、確定申告書の「職業欄」を「WEB広告業」「広告業」とかにした方が手間が少ないかも
(でもどっちにしろ「具体的にどんな事してんの?」って訊かれちゃうかもしれん)

おわり

アフィリエイターが納めないといけない税金の種類【6つ】
アフィリエイター(個人事業主)が納めないといけない税金の種類などについてメモ。 アフィリエイトと言えど「事業」だから、税金は払わないと...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク