アフィリエイターが入れる国民健康保険組合は存在しないっぽい【文芸美術国民健康保険組合】

そこそこ稼いでいる(所得400~800万程度)専業アフィリエイターは、

クソ高い「国民健康保険料」を払わなければいけない。

▲(例)大阪市で所得が「700万円」ある場合の保険料(試算シートを使用)

年間73万円とかアホか。月6万円とか生活費よりたけーじゃねえか。

 

このことに落胆した多くのアフィリエイターは、

国民健康保険 アフィリエイター 安く」などのワードでググることだろう。(俺はそうだった・・)

 

それで色々調べてると、

「国民健康保険」から「国民健康保険組合」に乗り換えたら、「国民健康保険料」を安くできるんじゃね?

という考えに行き着くと思う。

 

しかしながら、結論から先に書いておくと、

(残念ながら)アフィリエイターが入れる「国民健康保険組合」は存在しないらしい・・。(この記事を書いてる2017年現在)

 

てことで、「国民健康保険組合に加入して国保料の節税しよう!」と考えているアフィリエイターの希望を打ち砕く記事をダラダラ書いてみる。

予備知識

まず最初に予備知識。

「そんなことくらい知ってるよ!」って人は読み飛ばしてくだされ。

日本=「国民皆保険」とかいうお節介制度

日本では「国民皆保険」と言って、

「お前ら絶対何らかの保険に入れよ!」と強制されている。

国から、「この保険なら国民皆保険の対象になるぞ!」と認められている保険のことを「公的医療保険」と呼ぶ。

例えば、無職御用達(ごようたち)の「国民健康保険」などが該当する。

 

だから、自営業であろうと、会社員であろうと、無職であろうと、誰であろうと絶対になんらかの保険に入らんといけない。

アフィリエイター(個人事業主)が入れる公的医療保険は?

%e5%80%8b%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e4%b8%bb%e3%81%8c%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b%e4%bf%9d%e9%99%ba

アフィリエイター(個人事業主)が入れる保険としては、

  1. 国民健康保険:
    • 無職でもジジイ・ババアでも誰でも入れる奴
  2. 国民健康保険組合(通称:国保組合)←コレにすると安くなる!!
    • 職業毎に入れる奴
    • めちゃくちゃ種類がある(160くらい?ある)

の2種類がある。

 

アフィリエイターの大半は「国民健康保険」って奴に加入していると思うが、

「国民健康保険組合」って奴に入ると保険料が格段に安くなるケースがある。

 

具体的にいうと、

  • 独身 or 子なしで無職の配偶者有
  • 所得が高い

この2つの条件に当てはまる人なら、「国民健康保険」に比べて保険料はかなり安くなる傾向にある。

なぜなら、「国民健康保険組合」の保険料は(所得が高かろうが低かろうが)全て定額だから。

「国民健康保険組合」に加入するには?

「国民健康保険組合」は、何らかの組合経由で加入する必要がある。

直接「国民健康保険組合」に加入することはできない。

 

例えば、「文芸美術国民健康保険組合」(通称:文美)に加入したいなら、

という感じで、何らかの組合経由で加入する必要がある。
(「文芸美術国民健康保険組合」に直接加入するというのはできない)

 

また、これらの組合に加入するのにも、審査(確定申告書を提出したり・・)があるし、年会費もかかる。

そしてさらに、組合経由から「文芸美術国民健康保険組合」に加入するのにも更に審査がある。

つまり、「文芸美術国民健康保険組合」に加入するために「日本ネットクリエイター協会(JNCA)」に加入したのに、肝心の「文芸美術国民健康保険組合」には加入できなかった!みたいなことが起こり得るということ。

そうなってしまったら辛すぎ君ですな・・。

アフィリエイターが入れる「国民健康保険組合」はない!

(冒頭で書いた通り)アフィリエイターが加入できる「国民健康保険組合」はない。

だから、大人しくクソ高い国保料を払うしかない。

昔は、「文芸美術国民健康保険組合」という激安の組合に加入できたらしいけど、最近は審査が厳しくなって、アフィリエイターは加入できなくなったらしい・・。

アフィリエイターが入れる可能性がある「国民健康保険組合」

上で書いたように、基本的にアフィリエイターが加入できる「国民健康保険組合」は存在しない。

しかし、以下↓のようなアフィリエイターは「文芸美術国民健康保険組合」に加入することができるかもしれない。

 

つまり、「クソ高い国保料を払いたくない!」というアフィリエイターは、

  1. 1年間だけWEBデザイナーとして仕事する
  2. 確定申告の際、「職業」を「WEBデザイナー」として提出する

みたいにすれば、「文芸美術国民健康保険組合」に加入することが可能だと思われる。

 

どう考えても本末転倒だが、

「保険料を払うくらいならアフィリエイターなんてやめてやる!」って人は試す価値ありかもしれない。

ただし、このような方法で「文芸美術国民健康保険組合」に加入した後、アフィリエイト収入がほぼ10割を占めるような状態になった場合、

もしかしたら定期的に審査があって、「あなたはWEBデザイナーじゃないですよね?アフィリエイターですよね?」と言われて追放されるかもしれない。

まとめ

・専業アフィリエイター(個人事業主)なら、「国民健康保険」に入るしかないと思われる。

・所得が1,000万を超えるなら法人化して「社会保険」に加入すれば悩みが解決すると思われ。(ただ、その場合はまた別の悩みが出て来ると思うが・・)

 

ちなみに、俺はもう「国民健康保険組合」に加入するのは諦めたでござる・・。

 

おわり

 

 

関連:

【アフィリエイター】国民健康保険料を安くする方法8つ
「アフィリエイターの国民健康保険料を安くする方法はないのか?」をいろいろ調べた。 それのメモ。 ※自治体によっては「国民健康保険料」=「国民健康保険税」って呼んでるとこもあ...
【アフィリエイト】法人化するメリット・デメリット
個人アフィリエイターが法人成りする メリット デメリット について調べた。 それのメモ。 メリット 上から順に、メリットが高い順です。(主観) 役...

コメント

  1. 怒りエイター より:

    年収400万アフィリエイターなんて家賃・生活費・所得税・住民税で手元に残るわけないですよね…。それでこれって
    住民税なんて住んでるだけなのにむしられるし、高すぎる