開業届を出すメリット・デメリット【すぐに出すのは待った!】

s-agergerg
▲俺が出した開業届

「開業届」を提出するメリット・デメリットを調べた。

その結果をメモっとく。

メリット

たぶん、5つくらい有ると思われ。

①青色申告できるようになる

どういうことかというと、

「開業届」を出すと「青色申告承認申請書」を提出できる!

青色申告できるようになる!

ってこと。

つまり、(間接的だが)「開業届」を提出しないと青色申告ができないということ。

②お得な制度にいろいろ申し込める

個人事業主として、いろいろと申し込めるようになる。

例えば、「小規模企業共済」とかいう個人事業主にとっての神制度は、「開業届」の控えがあると開業してすぐにでも申し込むことができる。(無い場合は確定申告書の控えが必要)

開業届の控えは絶対に捨てたらイカンですぞ。

③事業用の口座を開ける

屋号で口座を開ける。

・・まぁあんまり意味ないな。

④確定申告書が届くようになる

開業届を出していると、毎年1月くらいに確定申告の書類が一式届くようになる。

まぁ確定申告ソフトでやる場合は使わないから、むしろデメリットかもしれんな。(届いても邪魔なだけだから)

⑤気合が入る

はい。

デメリット

たぶん、3つくらい有ると思われ。

①失業保険を受け取れなくなる

会社員から無職に転落したウンコ人間の救済制度、失業保険」が受け取れなくなる。

雇用保険の被保険者の方が、定年、倒産、契約期間の満了等により離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。

引用:ハローワークインターネットサービスより

失業保険は、失業中の人が受け取れる保険なので、「開業届を出してるってことは新しい仕事をしてるってことじゃん!」ってなるので、受け取れない可能性がある。

これはめちゃくちゃデメリット!やべえよやべえよ!

なので、「収入0だけど会社辞めたった!」みたいなウンコマンは、失業保険を受け取ってから開業届を出すべし。

②確定申告しない場合、指摘されちゃうかも

「開業届」は、「これから事業始めるで!」という宣言と同じ。

なので、確定申告をせずにいると、「こいつ宣言してるくせに確定申告してやがらねえぞ!」ってなるやもしれん。

だから、脱税したいなら開業届は出すべきでない。

※脱税についてはこのページ↓にめちゃくちゃ詳しく書いてたぞい
脱税の裏のウラ その闇の世界の実態を現役税理士が極限まで暴露

③国民健康保険の減免ができない

個人事業主の場合、(殆どの場合)国民健康保険に入ることになるが、市町村によっては保険料を減免することができる。

俺の住んでる大阪市でも減免制度があった↓。(当然申し込んだ)

しかし、開業届を出した場合、「開業届を出してるってことは新しい仕事をしてるってことじゃん!」ってなって減免を受けれない可能性があるやもしれん。

出さなかった時のペナルティ

出さなくてもペナルティは無い

なので、「俺は確定申告したくない!税金なんて納めてたまるか!」って人は出さなくても良い。

ずっと怯えて暮せば良いと思う。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク