【アフィリエイト】売上が1,000万超えた時の消費税の申告方法とかメモ

アフィリエイトの消費税について、いろいろ調べたのでメモっとく。

  • 「課税事業者ってなに?」
  • 「免税事業者ってなに?」
  • 「売上が1,000万超えちゃったけど、消費税ってどうなるの?」

みたいな人は参考にしてみてくだされ。

「免税事業者」とは?
「課税事業者」とは?

次の通り。

免税事業者 = 消費税を納めなくて良い事業者のこと。

  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=
    • 「もらった消費税」>「払った消費税」な場合:差額が自分のお金になる
    • 「もらった消費税」<「払った消費税」な場合:差額が自分の負担になる

課税事業者 = 消費税を納めないといけない事業者のこと。

  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=
    • 「もらった消費税」>「払った消費税」な場合:差額が自分の負担になる
    • 「もらった消費税」<「払った消費税」な場合:差額が自分のお金になる

ちなみに、

課税事業者」→「免税事業者」になることはできないが、
免税事業者」→「課税事業者」になることはできる。

だから、「もらった消費税」<「払った消費税」な場合は、あえて「課税事業者」になった方がお得。

ただ、アフィリエイト事業の場合は、そんなことは起こり得ないので、大抵の場合は「免税事業者」のままの方が得だと思われる。

・「免税事業者」→「課税事業者」の切り替えは、自動的に行われるが、「消費税課税事業者選択届出書」という紙キレを税務署に提出することでも可能。

・「課税事業者」→「免税事業者」と切り替えたい場合は、「消費税課税事業者選択不適用届出書」という紙キレを税務署に提出する。
(ただし、課税事業者の条件から外れた場合に限る。)

「免税事業者」か「課税事業者」の判定

免税事業者」か「課税事業者」の判定基準は、

「2年前の課税売上が1,000万円を超えているか」が基本。

例えば、以下のようになる。

年度 売上 判定
2013年
  • 0円
免税事業者
2014年
  • 0円
免税事業者
2015年
  • 課税売上:1,000万円
  • 不課税売上:200万円
  • 輸出免税売上:300万円
免税事業者
2016年
  • 課税売上:800万円
  • 不課税売上:300万円
免税事業者
2017年
  • 課税売上:1,200万円
  • 不課税売上:400万円
課税事業者
2018年
  • 課税売上:1,300万円
  • 不課税売上:400万円
免税事業者
2019年
  • 課税売上:700万円
  • 不課税売上:500万円
課税事業者
2020年
  • 課税売上:400万円
  • 不課税売上:200万円
課税事業者
  • 課税売上:
    • 消費税込みの売上のこと。
    • ほとんどのASPは税込みで報酬を支払ってくれている。
    • 例:A8net、アクセストレード、Amazonアソシエイト、バリューコマース、アフィB・・・etc
  • 不課税売上:
    • 消費税が含まれていない売上のこと。
    • 例:Google Adsense、その他海外ASP(ソース
  • 輸出免税売上:
    • 消費税が含まれていない売上のこと。
    • 例:なし(2015年10月以前は、直契約の海外ASPの売上はすべて輸出免税売上となっていたらしい)

他にも「課税事業者」になる条件は色々ある。

例えば、

  1. 「資本金または出資の金額が1,000万円を超えている」
  2. 「前年の1月1日から6月30日までの期間に、課税売上が1,000万円を超えている」

などに該当する場合も「課税事業者」となる。

特に2.は、稼いでいるアフィリエイターの中には該当者が多そうなので、申告忘れに注意。

課税事業者となった年はどうすれば良いか

結論から先に書くと、

消費税分を考慮して仕訳を行い、消費税の申告を行えば良い。

「消費税分も考慮して仕訳」というのは、

  • 「この売上は税込みだな!」
  • 「この売上は税抜きだな!」
  • 「この経費は税込みだな!」

という風に、仕訳ごとに税区分を設定するということ。

面倒くさいがコレは絶対やらないといけない。

あと、消費税分を仕訳する際は、

  1. 税込み処理
  2. 税抜き処理

という2通りの方法があるから、事業年の最初に「どちらでいくか?」を設定しておく。

詳しくはググってくだされ。

消費税の申告は、
以下の用紙(簡易課税用)に記入して、確定申告書などと一緒に提出すれば良い。

書き方は以下のPDFなどを参考に。

あとは「消費税 確定申告書 書き方」などでググっても良いかも。

ちなみに、「freee」「やよい」などの確定申告ソフトを使用すれば、消費税の申告書を自動で作成できる。

※MFクラウド確定申告は、消費税の申告書には対応していない。

免税事業者となった年はどうすれば良いか

結論から先に書くと、何もしなくて良い。

消費税を考慮せずに、すべて税込みで仕訳すれば良い。

ただし、

  • 課税売上:800万
  • 不課税売上:200万

という風に、「課税売上だけでは1,000万円を超えていないけど、不課税売上も含めると1,000万円超えちゃう!」という場合は、青色申告決算報告書の「本年中の特殊事情」の欄などに、

「今年の総売上は1,000万を超えちゃってるけど、そのうち不課税売上が○○○万円ありますので、再来年も免税事業者だよ~ん!」

という風な補足を書いておくと良いらしい。たぶん。

「簡易課税」とは?
「本則課税」とは?

消費税の金額を計算する際の方法として

  1. 簡易課税
  2. 本則課税

の2種類の制度がある。

事業者は「自分が得する方を選んで良いよ!」ということになってるから、自分が得する方を選択できる。

ちなみにザックリ言うと、以下のような違いになる。

「本則課税」の計算式:
消費税 = (課税売上 × 消費税) ー (課税仕入れ × 消費税)

「簡易課税」の計算式:
消費税 = (課税売上 × 消費税) ー (課税売上 × 消費税 ×みなし仕入れ率)

※「みなし仕入れ率」は、アフィリエイトの場合「サービス業」にあたるので「50%」

詳しくはググってほしいんだが、

アフィリエイトの場合、「簡易課税」を選択した方が、消費税の金額がめちゃくちゃ安くなる。(アフィリエイトは経費が少なすぎるため)

だから迷わず「簡易課税」を選択した方が良い。

ただし、「簡易課税」を選択するには、事前に「消費税簡易課税制度選択届出書」という紙切れを、当年の初日の前日までに税務署に提出しておかないといけない。

例えば、2010年分(1月1日~12月31日)の課税期間分を「簡易課税」にしたい場合、2009年12月31日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を税務署に提出しないといけない。(法人の場合は決算期で考える)

もし、「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出しなかった場合、強制的に「本則課税」になってしまうから、「来年は課税事業者になってしまうな」と分かっている場合は、急いで提出した方が吉。

ただし、「簡易課税」を選択した場合、2年間は「本則課税」に変更できなくなってしまうというデメリットがあるから、「税込の経費をめちゃくちゃ使うぜ!」という予定があるアフィリエイターは注意した方が良いかも。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク