【アフィリエイト】課税売上が1,000万超えた場合|消費税の申告方法など

アフィリエイトの消費税について、いろいろ調べたのでメモしておきます。

  • 「課税事業者ってなに?」
  • 「免税事業者ってなに?」
  • 「売上が1,000万超えちゃったけど、消費税ってどうなるの?」

みたいな人は参考にしてみてください。

課税売上1,000万円を超えると → 消費税を払う必要がある

「消費税って店で払うものでしょ?」って思いがちですが、実はアフィリエイターでも

課税売上が1,000万円を超えると、消費税を払う必要があります。

 

なぜかというと、ASPからの報酬は、消費税込みの報酬だから。

 

例えば、A8netで10,000円の確定報酬をゲットしたとします。

でも、この10,000円の内訳は、

9,200円(報酬)+800円(消費税)

という風に、消費税込みの報酬なんです。

 

つまり、自分が「稼いだ!」と思っている10,000円の中には、すでに800円という税金が含まれていて、これは本来納めなければいけないお金なわけです。

「じゃあなんで課税売上が1,000万円以下だと消費税を払わなくて良いの?」と言うと、以下のような理屈です。

 

国「売上が1,000万円も行かない弱小事業主は、消費税を払うと経営がキツくなるでしょ?」

    ↓

国「だから課税売上が1,000万円以下の事業主たちは、特別に消費税を払わなくていいし、逆に消費税を取って自分の取り分にしてもいいよ!」

 

つまり、課税売上1,000万円以下の事業主は、国から特別に「君たちは雑魚だから払わなくていいよ」とお墨付きをもらってるわけです。

(ちなみに、消費税を導入する際に、中小企業からの反発がすごかったため、「課税売上1,000万円以下の事業主は消費税を払わなくていいよ!むしろ消費税分を懐に入れても構わないよ!」というルールになったそうです)

「免税事業者」とは?
「課税事業者」とは?

次の通り。

免税事業者 = 消費税を納めなくて良い事業者のこと。

  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=+な場合:
    →差額が自分のお金になる 
  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=ーな場合:
    →差額が自分の負担になる

課税事業者 = 消費税を納めないといけない事業者のこと。

  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=+な場合:
    →差額が自分の負担になる
  • 「もらった消費税」ー「払った消費税」=ーな場合:
    →差額が自分のお金になる

「もらった消費税」というのは、売上に含まれる消費税のこと。

例えば、ASPからの報酬、広告主からの固定費などにも消費税は含まれています。

 

「払った消費税」というのは、経費に含まれる消費税のこと。

例えば、サーバー代、ドメイン代などにも消費税は含まれています。

2つの切り替え

課税事業者」→「免税事業者」は自分の意志でなることはできないけど、

免税事業者」→「課税事業者」は自分の意志でなることができる。

 

なので、「もらった消費税」ー「払った消費税」がマイナスな場合は、あえて「課税事業者」になった方がオトク。払いすぎた分を還付してもらえるから。

ただ、アフィリエイト事業の場合は、そんなことは起こり得ないので、大抵の場合は「免税事業者」のままの方がオトク。

  • 免税事業者」→「課税事業者」の切り替え・・・
    →課税売上が1,000万円を超えると自動的に行われる。(ただし、本来は「消費税課税事業者届出書」という紙キレを税務署に提出する必要があるらしい。でも提出しなくても罰則はないらしい) 
  • 課税事業者」→「免税事業者」と切り替え・・・
    →「消費税課税事業者選択不適用届出書」という紙キレを税務署に提出する。
    (ただし、課税事業者の条件から外れた場合に限る。)

「免税事業者」か「課税事業者」の判定

免税事業者」か「課税事業者」の判定基準は、

「2年前の課税売上が1,000万円を超えているか」。

 

例えば、以下のようになります。

年度売上判定
2017年
  • 課税売上:1,000万円
  • 不課税売上:200万円
  • 輸出免税売上:300万円
免税事業者
2018年
  • 課税売上:800万円
  • 不課税売上:300万円
免税事業者
2019年
  • 課税売上:1,200万円
  • 不課税売上:400万円
課税事業者
2020年
  • 課税売上:1,300万円
  • 不課税売上:400万円
免税事業者
2021年
  • 課税売上:700万円
  • 不課税売上:500万円
課税事業者
2022年
  • 課税売上:400万円
  • 不課税売上:200万円
課税事業者
 
 
例えば、
  • 2017年は、課税売上が1,000万円を超えている
    →なので2019年は課税事業者になる
  • 2018年は、課税売上が1,000万円以下
    →なので2020年は免税事業者になれる
  • 2019年は、課税売上が1,000万円を超えている
    →なので2021年は課税事業者になる

みたいな感じです。

●それぞれの意味

  • 課税売上:
    • 消費税込みの売上のこと。
    • ほとんどのASPは税込みで報酬を支払ってくれている。
    • 例:A8net、アクセストレード、Amazonアソシエイト、バリューコマース、アフィB・・・etc
  • 不課税売上:
    • 消費税が含まれていない売上のこと。
    • 例:Google Adsense、その他海外ASP(ソース
  • 輸出免税売上:
    • 消費税が含まれていない売上のこと。
    • 例:なし(2015年10月以前は、直契約の海外ASPの売上はすべて輸出免税売上となっていたらしい)

 

他にも「課税事業者」になる条件は色々あります。

一部の例を挙げると

  1. 「資本金または出資の金額が1,000万円を超えている」
  2. 「前年の1月1日から6月30日までの期間に、課税売上が1,000万円を超えている」

などに該当する場合も「課税事業者」となります。

(特に2.は、稼いでいるアフィリエイターの中には該当者が多そうなので、申告忘れに注意)

 

課税事業者となった年はどうすれば良いか

結論から先に書くと、

消費税分を考慮して仕訳を行い、消費税の申告を行えばOK。

消費税分の仕訳

「消費税分も考慮して仕訳」というのは、

  • 「この売上は税込みだな!」
  • 「この売上は税抜きだな!」
  • 「この経費は税込みだな!」

という風に、仕訳ごとに税区分を設定するということ。

 

あと、消費税分を仕訳する際は、

  1. 税込み処理
  2. 税抜き処理

という2通りの方法があるから、事業年の最初に「どちらでいくか?」を設定しておく。

詳しくはググってくだされ。

消費税の申告

消費税の申告は、

以下の用紙(簡易課税用)に記入して、確定申告書などと一緒に提出すればOK。

 

書き方は以下のPDFなどを参考に。

 

あとは「消費税 確定申告書 書き方」などでググっても良いかも。

ちなみに、

  • freee
  • やよい

などの確定申告ソフトを使用すれば、消費税の申告書を自動で作成できます。

※MFクラウド確定申告は、消費税の申告書には対応していません

免税事業者となった年はどうすれば良いか

結論から先に書くと、何もしなくて良い。

消費税を考慮せずに、すべて税込みで仕訳すれば良い。

ただし、

  • 課税売上:800万
  • 不課税売上:200万

という風に、「課税売上だけでは1,000万円を超えていないけど、不課税売上も含めると1,000万円超えちゃう!」という場合は、青色申告決算報告書の「本年中の特殊事情」の欄などに、

「今年の総売上は1,000万を超えちゃってるけど、そのうち不課税売上が○○○万円ありますので、再来年も免税事業者だよ~ん!」

という風な補足を書いておくと良いらしい。

 

すみません。これ↑嘘でした。

売上が1,000万円超えた場合は、2年後に税務署から

「売上1,000万円超えてるけど消費税払わなくていいの?」みたいな内容の紙キレが郵送されてくるらしいので、それに対して「いや課税売上は1,000万円超えてないっすよ!」という文面ととともに帳簿などの証拠を同封して返信すれば、その年も免税事業者として行けるらしいです。(国税に訊きました)

なので、青色申告決算報告書の「本年中の特殊事情」の欄に書く必要はないらしいです。

 

 

 

おわり

 

関連:

アフィリエイトで課税売上1,000万円超えたら → 翌々年までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出しないと損する
アフィリエイトで課税売上が1,000万円を超えると、消費税を払う必要がある。 消費税の計算方法=2種類ある 消費税の計算方法には、 原則課税 簡易課税(課税売上が5...
課税事業者になって簡易課税を選択するために → 「消費税課税事業者届出書」と「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出してきた
2017年の課税売上が1,000万円を超えました。 なので、税務署に行って「課税売上が1,000万円を超えたんだけどどうしたらいいの?」って訊いてきました。 その結果のメモ。 ...

コメント