アフィリエイトで課税売上1,000万円超えたら → 翌年に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出しないと損する

アフィリエイトで課税売上が1,000万円を超えると、消費税を払う必要がある。

消費税の計算方法=2種類ある

で、

消費税の計算方法には、

  1. 原則課税
  2. 簡易課税(課税売上が5,000万円以下限定)

の2種類があって、事業者は「自分が得する方を選んで良いよ!」ということになってるから、自分が得する方を選択できる。

ちなみに違いを説明すると、以下のような感じ。

「本則課税」の計算式:
消費税 = (課税売上 × 消費税) ー (課税仕入れ × 消費税)

「簡易課税」の計算式:
消費税 = (課税売上 × 消費税) ー (課税売上 × 消費税 ×みなし仕入れ率)

※「みなし仕入れ率」は、アフィリエイトの場合「サービス業」にあたるので50%

詳しくはググってほしいんだけど、

アフィリエイトの場合、「簡易課税」を選択すると、消費税の金額をかなり安くできるので、「簡易課税」を選択した方が良い。(アフィリエイトは経費が少なすぎるため)

簡易課税を選択したいなら →「消費税簡易課税制度選択届出書」を出す

ただし、

「簡易課税」を選択するには、事前に「消費税簡易課税制度選択届出書」という紙キレを、当年の初日の前日までに税務署に提出しておかないといけない。

例えば、2019年分(1月1日~12月31日)の課税期間分を「簡易課税」にしたい場合、2018年12月31日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を税務署に提出しないといけない。(法人の場合は決算期で考える)

もし、「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出しなかった場合、強制的に「本則課税」になってしまうから、「来年は課税事業者になってしまうな!」と分かっている場合は、急いで提出した方が良い。

参考[手続名]消費税簡易課税制度選択届出手続

ただ、「簡易課税」を選択した場合、2年間は「本則課税」に変更できなくなってしまうなどのデメリットもあるから、「税込の経費をめちゃくちゃ使うぜ!」という予定があるアフィリエイターは注意した方が良いかも。

まとめ

というわけで、

課税売上が1,000万円を超えたアフィリエイターは、翌年に「消費税簡易課税制度選択届出書」を出さないと損するかもよ!

という話でした。

大抵のアフィリエイターは、そんなに経費を使っているわけじゃないと思うので、出し忘れると○○万円単位で消費税を多く払う羽目になります。

なので、この記事を見た時点で、予定表などに「消費税簡易課税制度選択届出書を提出する!」などとメモしておきましょう。

メモしとかないと絶対に忘れるよコレ。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク