Google Adsenseは不課税売上 → なので消費税の課税対象にはならない

 課税売上1,000万円以上 = 消費税を払う必要あり

消費税はアフィリエイターでも、課税売上が1,000万円を超えると払う必要がある。

 

例えば、2018年の売上が、

  • A8net:500万円
  • バリューコマース:200万円
  • アクセストレード:300万円

という風に課税売上が「1,000万円」な場合、2年後から「課税事業者」となるので、2020年から消費税を払う必要が出てきてしまう。

この場合、

例えば、2020年の課税売上も「1,000万円」だったとして、

「簡易課税」で申告するとしたら、

消費税 =(課税売上 × 消費税) ー (課税売上 × 消費税 ×みなし仕入れ率)
    =(1,000万円 × 8%) ー (1,000万円 × 8% ×50%)
    =40万円
 
 ※「みなし仕入れ率」は、アフィリエイトの場合「サービス業」にあたるので「50%」

って感じになり、

40万円もの消費税を払わないといけない。

Google Adsense = 不課税売上

ただ、Google Adsenseだけは例外。

Google Adsenseの売上は「不課税売上」という部類の売上に該当するので、消費税の対象には含まれない。

なので、「課税売上」に含めなくていい。

▲引用:https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/cross-kokunai.pdf

(詳しい理屈を知りたい人は「Adsense 不課税取引」などのワードでググってみてください)

 

例えば、2018年の売上が、

  • A8net:500万円
  • バリューコマース:200万円
  • Google Adsense:300万円

という風な場合、売上の合計は「1,000万円」だけど、課税売上は「700万円」しかないので、2年後に課税事業者にならなくて済む。

 

つまり、「Adsenseしか売上がないよ!」みたいなアドセンサーは、ずっと消費税を払わなくていいのでめちゃくちゃ得。

Google Adsense分の売上の申告方法

「じゃあGoogle Adsense分の売上はどういう風に申告すれば良いの?」って話だけど、

他の売上と同じように申告すればOK。

 

なぜなら、課税事業者になった年度に、

  • 「課税売上の内訳を教えろ!」
  • 「消費税払え!」

みたいな内容の紙キレが税務署から送られてくるので、それに対して以下のように返信すればOKだから。

○Google Adsenseの売上を考慮すると、課税売上が1,000万円未満になる場合:

送られてきた紙キレに対して、

  • 「売上は1,000万円超えていますが、売上の一部であるGoogle Adsenseは不課税取引なので課税売上の対象外です!」
  • 「したがって、Google Adsense分の売上を考慮すると課税事業者の対象である課税売上1,000万円には届きません!」
  • 「なので今年は消費税の対象外です!」

みたいに返信すれば、税務署から「そか。じゃあ消費税を納めなくてもええわ。」という風に対応してもらえる。

○Google Adsenseの売上を考慮しても、課税売上が1,000万円を超える場合:

送られてきた紙キレに対して、

  • 「売上は1,000万円超えていますが、売上の一部であるGoogle Adsenseは不課税取引なので課税売上の対象外です!」
  • 「Google Adsense分の売上は○○○万円です!」

みたいに返信すれば、税務署から「そか。じゃあGoogle Adsenseの売上分の消費税は納めなくてもええわ。」という風に対応してもらえる。

Adsense分の消費税を納めすぎていた場合

「Google Adsense=消費税の対象外」ということを知らなかったせいで、

 

「Adsenseの分の消費税を余計に払っていた!」

 

という人は、「更正の請求」という紙キレを提出することで「消費税払いすぎてたんで返してください!」と申し出れる。

詳しくは以下ページを参考にしてみてください。

参考[手続名]消費税及び地方消費税の更正の請求手続(個人事業者用)

 

ちなみに、消費税を納めた年から5年以内なら取り返せるみたいです。

 

 

 

おわり

 

関連:

【アフィリエイト】課税売上が1,000万超えた場合|消費税の申告方法など
アフィリエイトの消費税について、いろいろ調べたのでメモしておきます。 「課税事業者ってなに?」 「免税事業者ってなに?」 「売上が1,000万超えちゃったけど、消費...

コメント