アフィリエイターはebay輸出で消費税還付を受けると損になる可能性が高い。という話。

最近知ったんだけど、

Aという商品を国内で買う → Aをebayで売る

みたいに、国内で買ったAを海外に売った場合、Aにかかっていた消費税は、還付金として受け取ることができるらしい。

なので、消費税還付だけで月45万円とか稼げたりするらしい↓。

これを見たアフィリエイターの中には「俺もebay輸出やってみよ!」と思う人がいるかもだけど、

「稼いでるアフィリエイターは消費税を還付をすると損する可能性が高いよ!」

ということを紹介したいと思います。

ebay輸出とは?

日本でモノを買って、ebayというアメリカのオークションサイトで売ること。

例えば、ダイソーで108円のモノを1,000個仕入れる。

それらをすべて、ebayで200円で売る。

すると、

200円 × 1,000個) - (108円 × 1,000個) = 92,000円

となって、「差額分の92,000円儲かるよね」みたいな話。

ebay輸出で消費税還付で儲ける仕組み

例えば、ダイソーで108円(税込)のモノを1,000個仕入れる。

それらをすべて、ebayで108円(仕入れ値)で売る。

すると、

 (108円× 1,000個) - (108円 × 1,000個) = 0円

となるので、利益は0円になる。

だけど、

税務署に「課税事業者になります!」という紙キレを提出して、原則課税という課税方法で消費税の申告をすれば、10,000円の消費税分である8,000円を還付してもらえる。

つまり、「108,000円分の商品を横流ししただけなのに8,000円儲かった!やったー!」ということができる。

さらに規模を増やせば、

  • 1,000万円分を商品を横流しすれば、80万円儲けれる。
  • 1億円分を商品を横流しすれば、800万円儲けれる。

という感じで、際限なく稼げる。

これがebay輸出の消費税還付で儲かる仕組み。

ちなみに、別にebayじゃなくて、他の海外のオークションサイトを利用しても、消費税還付は受けれます。

例えば、

  • 海外Amazon
  • タオバオ

などの海外サイトで売った場合も、消費税還付は受けれます。

「なんで消費税の還付を受けられるの?どういう仕組み?」と疑問に思う人は、

などのワードで検索してみてください。

買った値段のままで売るだけで、消費税分8%が必ず儲かるので、「かなりボロい商売じゃん!」と思うかもだけど、

ebayで輸出するには、

  • ebayの利用手数料
  • 海外への送料

などもかかるので、正直これらを考慮すると「そんなに儲からないんじゃね?ヘタすると赤字じゃね?」という気がするけど、売る商品によっては儲かるみたいです↓。

稼いでるアフィリエイターは消費税を還付すると損する可能性が高い

で、

ここからが本題です。

ebay輸出だけなら必ず儲かる

原則課税で消費税の申告する場合、

もらった消費税 ー はらった消費税 = 支払うべき消費税

という計算式になります。

「支払うべき消費税」がプラスなら払う必要があり、マイナスなら還付を受けれます。

で、

ebay輸出などで海外にいる人に売る場合、消費税をかけて売ることができないので「もらった消費税」が必ず0円になります。

なので、「支払うべき消費税」は必ずマイナスになります。

つまり、必ず還付を受けれるので必ず儲かります。

アフィリエイト収入にも消費税は含まれる

ですが、アフィリエイト収入がある人は、

アフィリエイト収入に含まれる消費税も考慮する必要があります。

例えば、

  • アフィリエイトの課税売上:1,500万円(このうち消費税:111万円
  • 経費:20万円(このうち消費税:1.5万円

などという場合、

もらった消費税 ー はらった消費税 = 支払うべき消費税
111万円1.5万円109.5万円

となり、

「本来なら簡易課税を選択すれば60万円の消費税を支払うだけで済んだのに、原則課税を選択したせいで 109.5万円も支払わなければいけなくなる」

という最悪なことになってしまいます。

ebay輸出で1,000万円を売り上げたとしても、還付される消費税は80万円だけなので、どう考えても割に合いません。

しかも帳簿処理も、税込・税抜きを考慮して仕訳する必要が出てくるので、余計な手間が増えます。

そして、

もっと最悪なパターンは、アフィリエイト収入が1,000万円以下の場合です。

例えば、

  • アフィリエイトの課税売上:900万円(このうち消費税:67万円
  • 経費:20万円(このうち消費税:1.5万円

などという場合、

もらった消費税 ー はらった消費税 = 
67万円1.5万円65.5万円

となり、

「本来なら課税売上が1,000万円以下なので消費税を払わなくて良かったのに、自分から課税事業者になったせいで65.5万円も払わなければいけなくなる」

という最悪な事態になってしまいます。

で、

そもそも何故こんなことになるかと言うと、

アフィリエイトは利益率が高すぎるビジネスなので、経費が少ない

  ↓

経費が少ないので、支払う消費税が少ない

  ↓

なので、原則課税で消費税を申告すると大ダメージを喰らってしまう

というのが原因です。

利益率が高すぎるがゆえに起こる問題なわけです。

なので、

こういう↓ツイートは間違いです。

アフィリエイトである程度稼げてきたら、むしろebay輸出はすべきではありません。

そもそも)元手が必要 → 投資に使った方がよくね?

例えば、消費税還付で80万円を稼ぐためには、年間1,000万円分の商品を売る必要があるわけですが、

これは逆に言えば、1,000万円分の商品を仕入れる必要があるということです。

つまり、元手が1,000万円必要なわけです。

これ、投資効率で考えるとあまり良くありません。

例えば、1,000万円あれば、株などにぶち込むだけで、10~50万円くらい儲かります。

ですが、ebay輸出で1,000万円使って消費税の還付を受けたとしても、儲かるのは消費税分の80万円(8%)だけです。

つまり、

  • ebayに1,000万円使った場合:年80万円儲かる(けど作業がすごく面倒くさい)
  • 投資に1,000万円使った場合:年10~50万円くらい儲かる(しかも買って放置するだけ)

ということであって、「ebay輸出にお金使うくらいなら投資に使った方がよくね?」という結論になります。

まとめ

というわけで、

・「ebay輸出で消費税還付」は、全然稼げてないアフィリエイターこそやるべきビジネス

・逆に、ある程度稼げてるアフィリエイターは絶対にやるべきじゃない
(手間がかかる上に大して儲からない。それどころかヘタしたら損する。)

・てか、そもそもebay輸出に1,000万円も使うくらいなら、株とか買った方がよくね?

という話でした。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク