アフィリエイト収入は無申告でもバレない?脱税し放題?【んなわけあるかい!】

ネット上で、

  • 「アフィリエイト収入は無申告でもバレないよ!」
  • 「脱税してもバレないよ!へーきへーき!」

みたいなことを言っている人がたまに居たりする。

いや、それはそれで良いと思うんだ、俺は。

正直、税金なんて払わずに済むなら、それに越したことはない。

しかも、ノーガード戦法(無記帳+無申告)なら、確定申告の作業自体やらなくて良いから、スゲー楽だし、脱税&無申告はマジ天国よ。

ただ、何も考えずに「よし!じゃあ俺もノーガード戦法で行こう!」という人に対して、

「無申告だったり脱税するのはリスクが高いよ!」

ということを言いたい。

無申告と脱税はリスクが高い

やっぱり、リスクは高いよ。

その点、詳しく書いていくよ。

バレるリスク

アフィリエイターの場合、報酬をASP・広告主などから貰うわけだけど、「じゃあどうやって貰うのよ?」っていうと、当然「銀行振込」になる。

例えば、ASPから報酬を「銀行振込」をしてもらった場合、

  • ASPには「こいつに○○○万円払った!」
  • 自分には「ASPから○○○万円もらった!」

という情報がそれぞれ残る。

そして税務署は、ASPに対して「誰にいくら払ったか教えろ!」と言える権限を持っている。

つまり、税務署は本気を出せば、無申告者を全員ぶち殺せるのである。

「じゃあなんでやらないの?」と思うかもだけど、それは単に「人手が足りないからやっていないだけ」であって、「低所得者はかわいそうだから見逃してあげよう」なんて1mmたりとも思っていないわけです。

国家権力に情なんてないわけです。

しかも、2021年からは「銀行口座」と「マイナンバー」が紐付けされることになっている。

これはどういうことかというと、将来的に自動的に

  • 「こいつは無申告者だ!」
  • 「こいつは脱税している!」

みたいに発見することができるシステムが、作られるかもしれないということ。

しかも今後は、人工知能の応用で、俺たちが想像できないようなシステムになるかもしれない。

こんな状況で、脱税したり無申告を貫くなんて割に合わないっしょ・・。

ちなみに、脱税の時効は7年だから、もし今(2017年)から脱税を始める場合、2024年まで逃げ続けないといけない。

「バレたときの強烈なしっぺ返し」のリスク

↓の記事で書いたけど、

無申告や脱税がバレた時は「重加算税」と「延滞税」のコンボで、4倍近くの追徴課税を食らうことになったりする。

タイトル通り。 ふと気になったから計算してみた。 もしかしたら数値が間違っていたりするかもしれないので、 気づいた人はこっそり指...

つまり、「本当は100万円の税金だったけど、脱税したせいで400万も払わないといけなくなった!」というような人生を棒に振るレベルの”しっぺ返し”を食らうということ。

だから、もし無申告や脱税をするなら、絶対にバレないようにしないといけない。

けれど、さっきも言ったように、アフィリエイトの報酬は「銀行振込み」だから、バレる確率を0にするのはムリ。しかもバレる確率は年々増加していく。

うーん、心臓に悪すぎるっしょ。

脱税=犯罪だからねコレ

そもそも脱税って、立派な犯罪だからね。

窃盗とかとか、そういうのと一緒で犯罪だからね。

「バレなければ脱税してもOK!」は、「万引きしてもバレなきゃOK!」って言ってるようなもので、やっぱ大の大人がすることじゃないと思うのよ。

日本という国の恩恵を受けて育った以上、「せめてルールは守ろうよ」ってなもんで。

まとめ

てわけで、

・無申告だったり脱税はリスクが高い

・しかも、バレるリスクは年々上がっていく

・どう考えても割りに合わないっしょ

・てか、大の大人がルールを破るのはダサイよね

って話でした。

おわり

次ページ:

自営業で仕事やってる人の9割は、 「税金払いたくない!」 「払うとしても安くしたい!」 と思っていると思う。 ・・うん、...

P.S.「アフィリエイターだけど確定申告のことが何も分からない!!」という人は、以下のページをご覧ください。

税金初心者のアフィリエイターが「最初にすべき(税金関係の)こと」を色々とメモ。 「税金のことを勉強しないといけないのは分かってる...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク