予定納税額を記入するのを忘れていて税金を多く払ってしまってたけど、国税庁が「更正の請求書」を送付してまで「間違ってるよ」と教えてくれた話

タイトル通りなんですけど、

2017年分の確定申告、予定納税を払っていたのに、確定申告書に記入するのを忘れていて、

そのせいで、40万円近い所得税を多めに払ってしまっていたんですよ。

で、

そのことに気付いてなかった無能僕なんですけど、

先日、国税庁が「予定納税額を記入するのを忘れてるよ!」とわざわざ教えてくれたんですよ。

しかも、金額入りの「更正の請求書」まで同封してくれて。

▲送付してくれた「更正の請求書」

鉛筆で「ここに書いてね!」と丸を付けているところに記入して返送すれば、2~3ヶ月くらいで払いすぎていた税金が還付されるらしい。

マジ親切。

国税庁って、

税金を少なめに払っている分には「間違ってるぞ」と脅してくるけど、

税金を多めに払っている分には、間違いに気付いても何も指摘してくれないクズ集団だと思っていたんですよね。

しかも、この件↓で、

当ブログの国税庁へのリンクも、全てリンク切れとなる始末。(直すのが面倒なのでそのままにしていますが・・)

3月31日にリニューアルされた国税庁のホームページで、ほぼすべてのURLが変更になったためにユーザーがつけていたブックマークが事実上全滅し、利用者から怒りの声が上がっている。

引用:国税庁サイト、リニューアルでほぼすべてのURLが変更。リダイレクトもなくユーザー阿鼻叫喚

いやもう本当に、

「クズな上に無能なのかよ」
「ゴミ以下じゃねーか」
「余計な仕事増やすんじゃねーよ ゴミクズが」

とか思ってたんですけど、

ゴミクズではなく、ただのゴミのようで良かったです。(良くない)

というか、

こういう風に間違いを指摘されてしまったということは、「確定申告書をテキトーに作ってる奴だ!」みたいな烙印が押されてしまって、税務調査される確率が上がったりするのかな。

別に税務調査されて困るようなことはしてないから、「ブログのネタのために税務調査されても良いかなー」くらいに思ってるんだけど、

ブログのネタのために「税理士を1日雇って、1日中税務調査に付き合う」というのは、さすがにデメリットの塊すぎるので、どうか来ないでください。

おわり

来年の俺(アフィリエイター)向けメモ。 「今から確定申告書を提出するけど、間違ってないかな・・?」 というアフィリエイター向け...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク