電車代・香典代などの領収書の出ない経費の落とし方【出金伝票】

電車代は、基本的に領収書が出ない。

他にも、

  • バス代
  • 自動販売機のジュース・コーヒー代
  • 冠婚葬祭の金(香典、ご祝儀・・など)

なども領収書が出ない。(冠婚葬祭などは頼めば出してくれるかもしれんが気まずい)

しかし、確定申告には領収書が必要。

そんな時、どうしたら良いのかを色々調べたからメモっとく。

出金伝票を使え!

領収書が出ないけど、経費として落としたい!」という時は、「出金伝票」という伝票を使うと経費で落とすことができる。

こういうの↓

%e5%87%ba%e9%87%91%e4%bc%9d%e7%a5%a8 %e5%87%ba%e9%87%91%e4%bc%9d%e7%a5%a8%ef%bc%bf%e4%b8%ad
▲「出金伝票」
Amazon:コクヨ 出金伝票 B7ヨコ型 白上質紙 100枚入り
▲「出金伝票」の中身

この「出金伝票」という魔法の伝票に、「○○年○○月○○日、電車代:○○○円」みたいに書いておく。

そうすると、この「出金伝票」を領収書の代わりに使用することが出来る。

持ってない奴は今すぐAmazonで買おう。(100均とかでも売ってるよ)

ただ、出金伝票はパソコン上で管理した方が楽だと思う(手書きするのは面倒臭い)

出金伝票は、領収書が出ない経費を落とすことが出来る最強の伝票。 だが、欠点が5つある。 「紙に書く」のが面倒臭い ...

だが万能ではない!

当たり前だけど、

この日に電車代として○○○円使ったよ!ほら、この出金伝票に○○○円って書いてるでしょ!

と言った所で、「で、証拠は?」と突き返されて終わり。

なぜなら、この出金伝票では「お金を支払った」ということを証明出来ないから

極論を言えば、「自分で書いただけのただの紙切れ」なので、証拠能力としては0なのだ。

だから、「出金伝票の内容を裏付ける証拠」のようなものも同時に残しておく必要がある。

出金伝票+証拠を準備しておく!

出金伝票を使用するときは、「出金伝票の内容を裏付ける証拠」のようなものを残しておく。

例えば、以下の様な感じ↓。

出金伝票の内容 裏付ける証拠
飲み会代
(交流会)
・参加した人達とのメッセージのやり取り
・その他・・etc
セミナー代 ・セミナー会場の写真
・セミナーの資料
・その他・・etc
電車代 ・何をしにいく為に電車に乗ったのかの証拠
(セミナーに行くために乗ったのなら、セミナーの領収書・場所等が載っている証拠書類)
冠婚葬祭代 ・訃報のFAX
・会場の写真
・その他・・etc

まぁとにかく、「出金伝票の内容を裏付けられる証拠」であれば何でも良いということ。

要は、税務署署員に「うむ、こいつは実際にこの金額を払ったんだな!」って納得させることができれば良い。

まぁ出金伝票の内容が真実なら、何かしらの証拠はあるはずだから、それを残しておくべし。

ただ、実際には、

  • 高額(○○万)な経費が多い
  • 低額だけど数が多すぎる経費

などの「これおかしくね?」と思わず突っ込みたくなるような、明らかにおかしい出費でない限り、税務署に疑われることはほとんどないっぽい。(個人事業主なら尚更)

※しかし、万が一の事を考えて、証拠は出金伝票と一緒に保存しておくべし

まとめ

・領収書が出ない経費は、とりあえず「出金伝票」に書いておく

・「出金伝票」の内容を証明する為の”証拠”を残しとく(出金伝票と同じように保存しておく)

おわり

出金伝票は、領収書が出ない経費を落とすことが出来る最強の伝票。 だが、欠点が5つある。 「紙に書く」のが面倒臭い ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク