【アフィリエイト】雑所得として申告する場合|「所得の内訳書」を書く

アフィリエイト収入を

雑所得として申告する場合、

 

確定申告書B(もしくはA)の第2表の「雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」に、

各ASPからの

  • 収入
  • 経費
  • 収入 ー 経費

を入力する。

 

▲こんな感じで入力する。(経費は一番上の欄にまとめて書けばOK)

第2表に書ききれない場合=「所得の内訳書」を使う

先述したように、アフィリエイト収入を雑所得として申告する場合は、

第2表の「雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」に各ASPからの収入を記入する。

 

だけど、使用しているASPが多い場合、第2表に書ききれない。

欄が3行しかないから。

 

そういう場合は「所得の内訳書」という紙キレに、

各ASPからの収入を記入する。

有志の方が、所得の内訳書のエクセルバージョンを配布してくださっているので、それを使って入力→印刷すれば楽チンです↓。


▲こんな感じで入力する

 

そして「所得の内訳書」を使った場合は、

「雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」には「別紙のとおり」と書き、

  • 収入
  • 経費

は全ASPの合算値を記入する↓。

ASPの住所など

ASPの住所などは以下のページが参考になります。

第2表の欄を分割

「所得の内訳書」を使わずに、

「雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」の欄を(ボールペンなどで)分割して、そこに記入してもOK。

このほか第二表の各欄で書ききれないときは、欄を分割するなどして記入してください。

引用:申告書の記載例

源泉徴収税額も書き込める

この用紙には、源泉徴収税額を記入する欄も用意されているので、

「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)」の代わりとしても使える。

 

Amazonアソシエイトで源泉徴収されている人は、

源泉徴収額をきちんと記入しときましょう。

Amazonの源泉徴収額(Tax Withholding)の帳簿での仕訳方法とか
Amazonアソシエイト(アフィリエイト)では、 月の振込みが「12万円」を超えた部分には、自動的に10%源泉徴収するようになっているらしい。 僕も、Amazonの報酬が月...

確定申告書B 「第1表」と「第2表」の関係

確定申告書B 「第1表」と「第2表」の関係は

以下のようになる。


▲クリックで拡大

 

 

おわり

 

「所得の内訳」には源泉徴収されていない事業所得は書かなくて良い
ネットを見てると 源泉徴収されていない事業所得であっても、 確定申告書 第2表の「所得の内訳」に各ASPからの収入を書かないといけないよ! みたいなことを書いてる人が多いみた...

コメント