アフィリエイトで稼ぎすぎると所得税+住民税+国保+事業税+予定納税のコンボで死ぬ|なのでお金を貯めておこう

稼ぎすぎた翌年は、税金で死にます。

稼ぎすぎた翌年 = 税金で死ぬ

例えば、2018年に、アフィリエイトで1,200万円稼げたとします。

 

すると、翌年(2019年)に支払う税金は、

  • 所得税:
    1,200万円 × 33% ー 153.6万円 ≒ 243万円 
  • 住民税:
    1,200万円 × 10%=120万円 
  • 国民健康保険:
    73万円  
  • 個人事業税:
    →(1,200万円 ー 290万円)× 5% ≒ 45万円 
  • 予定納税:
    →243万円 × 2/3 = 162万円

 

合計:643万円

※分かりやすくするために、経費=0円、所得控除=0円として計算してます

みたいな感じになります。

 

1,200万円のうち、643万円なので、5割くらいは税金で持って行かれる計算です。

 

「稼ぎすぎた翌年はきちんとお金を残しておこう!」と言う人がよくいますが、

こういう理由があるからです。

長期的に見ると → 税金はもっと安い

ただ、長期的に見ると、

  • 国民健康保険は「社会保険控除」にできる
    →なので2019年の所得によっては、2020年に支払う税金を安くできる 
  • 予定納税は「所得税」の先払い
    →なので2019年の所得によっては、2020年に支払う所得税を安くできるし、2018年より所得が低ければ、払ったお金の一部が帰ってくる 
  • 個人事業税は経費にできる
    →なので2019年の所得によっては、2020年に支払う税金を安くできる

という風に、

 

翌年支払った税金の中には、

翌々年の税金を安くするのに使える税金があります。

 

なので、

  • 2018年:1,200万円
  • 2019年:1,200万円
  • 2020年:1,200万円

という風に、「3年連続で1,200万円を稼いでいるよ!」みたいな場合、

 

2020年に支払う税金は、

  • 所得税:
    →(1,200万円 ー 45万円 ー 73万円)× 33% ー 153.6万円 ー162万円 ≒ 41万円 
  • 住民税:
    →(1,200万円 ー 45万円 ー 73万円) × 10%=107万円 
  • 国民健康保険:
    73万円  
  • 個人事業税:
    →(1,200万円 ー 45万円 ー 290万円)× 5% ≒ 43万円 
  • 予定納税:
    →243万円 × 2/3 = 162万円

 

合計:426万円

※分かりやすくするために、経費=0円、所得控除=0円として計算してます

みたいな感じで、2019年に支払った税金分、安くできます。
(特に、予定納税で支払った分が丸々安くなるのでかなりデカイ)

 

同じ1,200万円を稼いでるのに、

  • 2019年に支払う税金:643万円
  • 2020年に支払う税金:426万円

という感じで、200万円くらい違うのです。

 

税金って不思議ですね!

ちなみにですが、

  • 2018年:1,200万円
  • 2019年:1,200万円
  • 2020年:1,200万円

という場合、2018年に売上が1,000万円を超えているので、2020年から消費税も支払わなければいけない可能性があります。

参考:【アフィリエイト】売上が1,000万超えた場合|消費税の申告方法などのメモ

まとめ

というわけで、何が言いたかったかと言うと、

・一気に稼ぎすぎた翌年は、税金でめちゃくちゃ持って行かれるので、稼いだ金額の半分は貯金しておこうね!

・でも、支払った税金は翌年以降の税金を安くするのに使えるから、そこまで悲観する必要もないかもね!

みたいな話でした。

 

おわり

 

 

おすすめ:

アフィリエイトでできる節税【まとめ】
アフィリエイターができる節税方法まとめ。 ザーッと書き出してみます。 経費 青色(65)で申告する 青色(65)で申告するだけで、65万円も経費として上乗せできる。 ...

 

 

追記:

間違いがあったので、いろいろ修正しました。

コメント