仮想通貨の利益|確定申告書の書き方【雑所得として申告する場合】

このページは

  • 「仮想通貨で○○○万円稼いじゃったけど、確定申告書の書き方分からない!」
  • 「仮想通貨の利益は”雑所得”として申告するつもりだよ!」

みたいな人向けのページです。

書き方

書くのは「確定申告書B」だけでOK。

 

例えば、

仮想通貨で10万円稼いだ!

稼ぐために掛かった経費(売買手数料など)は1,000円だった!

という場合は、以下のように記入する。

 

次段落から

もっと詳しく書きます。

確定申告書Bの第二表

確定申告書Bの第二表の

○雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得・一時所得に関する事項

には以下のように記入する。

  • 所得の種類:
  • 種目・所得の生ずる場所:ビットフライヤー、コインチェックなど
  • 収入金額:100,000円(仮想通貨で得た利益)
  • 必要経費等:1,000円(売買手数料など)
  • 差引金額:99,000(収入金額 ー 必要経費)

ここの項目は「こう書くべき」という決まりがないので、

税務署が分かる書き方であれば何でもOKらしいです。

確定申告書Bの第一表

確定申告書Bの第一表には、

以下のとおりに記入する。

  • 「収入金額等」→「雑」→「その他」に、
    仮想通貨で稼いだ利益を書く   
  • 「所得金額」→「雑」に、
    仮想通貨で稼いだ純利益(経費分を差し引いた金額)を書く

補足

「事業所得」として申告する場合

仮想通貨の利益を「事業所得」として計上しようと考えている仮想通貨専業トレーダーの場合、

この記事で紹介した書き方はまったく的外れなので、

事業所得 仮想通貨 利益 確定申告書 書き方」などのワードでググってみてくだされ。

確定申告書AでもOK

「確定申告書B」を使わなくても良い会社員などは、

「確定申告書A」で同じように記入すればOK。

「確定申告書A」・・・項目が少なくて記入がかんたん(会社員など向け)
「確定申告書B」・・・項目が多いので記入がややこしい(事業主向け)

 

 

 

おわり

コメント