ふるさと納税|確定申告書の書き方【寄付金控除、寄付金税額控除】

このページは、

  • 「ふるさと納税したけど、確定申告書の書き方が分からない!」
  • 「寄付金控除とか寄付金税額控除ってなんなの?どこに書けば良いの?」

とか迷ってる人向けのページです。

書き方

例えば、

「140,000円分、ふるさと納税で払ったよー」

という場合、以下のように書く。(※ふるさと納税の上限額も140,000円だった場合)

▲確定申告書B 第一表

寄付金控除:
寄付した金額から2,000円差し引いた金額を記入する

 

▲確定申告書B 第二表

・寄附先の所在地・名称
 寄付した自治体名を書く(複数ある場合は~~などと書けばOK)

・寄付金:
 寄附した金額を書く

・都道府県、市町村分:
 寄附した金額を書く

 

ふるさと納税で書かなければいけない欄はこれだけ。

確定申告書Bで説明したけど、

確定申告書Aでも同じように書けばOK。

還付 or 減額される

これで確定申告すると、会社員の場合は、

  • 所得税:指定した口座に還付される
  • 住民税:来年分からふるさと納税分が減額される

という風に、所得税や住民税が減額される。

 

個人事業主の場合は、

  • 所得税:支払うべき所得税が減額される
  • 住民税:来年分からふるさと納税分が減額される

という風に、所得税や住民税が減額される。

ふるさと納税分がきちんと控除されているか確認する方法【個人事業主向け】
「ふるさと納税した分が、きちんと控除されているか」 を確認する方法についてメモ。 確認方法 住民税 住民税の控除分については、 「おまえの住民税はこんな内訳だぞー」みたい...

 

おわり

 

関連仮想通貨の利益|確定申告書の書き方【雑所得として申告する場合】

コメント