ふるさと納税とは?簡単に分かりやすく説明してみる

このページは、

  • 「ふるさと納税ってなんぞ?」
  • 「収入がある全ての人は、ふるさと納税すべし!」
  • 「ふるさと納税ってどこで出来るの?」

みたいなことを書いてるページ。

ふるさと納税初心者の人は参考にしてみてください。

ふるさと納税とは?

s-%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%e7%b4%8d%e7%a8%8e
画像引用:総務省|ふるさと納税ポータルサイト

簡単に言うと、

2,000円の出費で「数万円相当の特産品」とかを貰えちゃうスゲー制度。

詳しく!(ザックリした仕組み)

詳しく言うと、

  • 「寄付した金額 ー 2,000円」分の「所得税」と「住民税」を減額できる
  • 「寄付した金額 」相当の特産品を、寄付した自治体から貰える

って感じ。

収入がある人は、やらないと絶対に損。

もっと分かりやすく!

例えば、「課税所得」が「500万」な場合、

寄付の上限は「15万円」くらいになる。(独身の場合)

(「課税所得」の意味がわからない人用↓)

①所得 = 収入 ー 経費
②課税所得 = 所得 ー 所得控除

「収入」から「経費」を引いたのが「所得」。

所得」から「所得控除」を差し引いたのが「課税所得」。

【アフィリエイト】収入(売上)と所得と経費の違い
アフィリエイトにおける、 収入(売上) 所得 経費 の違いについてのメモ。 違い 収入(売上) 収入は、「アフィリエイトで稼いだ金額」のこと。(「売...

「課税所得」毎のふるさと納税限度額は以下のような感じ。(独身の場合)

  • 課税所得200万:5万くらいまで寄付可能
  • 課税所得300万:7万くらいまで寄付可能
  • 課税所得400万:11万くらいまで寄付可能
  • 課税所得500万:15万くらいまで寄付可能
  • 課税所得600万:15万くらいまで寄付可能
  • 課税所得700万:21万くらいまで寄付可能
  • 課税所得800万:24万くらいまで寄付可能
  • 課税所得900万:27万くらいまで寄付可能
  • 課税所得1,000万:35万くらいまで寄付可能
  • 課税所得1,500万:53万くらいまで寄付可能
  • 課税所得2,000万:80万くらいまで寄付可能

参考控除シュミレーション | ふるさと納税サイト「さとふる」(ここで見ろし!)

 

んで、この場合「15万円」を「ふるさと納税」として「寄付」することで、

  1. 15万円分の特産品を寄付した自治体から貰える
  2. 14万8千円分、税金が安くなる

という感じのメリットを享受できる。

つまり、一言でいうなら「14万8千円」得するということ。

ふるさと納税って誰でも出来る?

所得がある人なら誰でもできる。

例えば、

  • サラリーマン
  • 自営業者
  • 年金時給者

など。

逆に言えば、所得がない無職はできない。

厳密に言えば、所得がなくても寄付はできるけど、寄付したとしても税金を減額できないから、寄付しても得しない。

つまり、所得が無い場合はこうなるということ↓

  1. 15万円分の特産品を寄付した自治体から貰える
  2. 14万8千円分、税金が安くなる ←所得が無い場合、このメリットを受けれない(元々払うべき税金がないから)

ふるさと納税できる おすすめのポータルサイト

おすすめは、

  1. ふるさとチョイス
    • めちゃくちゃ種類が多い
    • サイト自体も使いやすい
    • ふるさと納税ポータルサイトの先駆け?
  2. さとふる
    • セルフバックできる(購入した代金の○%をキャッシュバックできる裏技が使える)
  3. 楽天ふるさと納税
    • 楽天で普通に買い物するような感じで「ふるさと納税」できる
    • サイトデザインはクソだが種類はまぁまぁ豊富
    • ポイントを使えるし、ポイントも付くからお得
  4. ふるなび
    • セルフバックできる(購入した代金の○%をキャッシュバックできる裏技が使える)

の4つ。

 

ふるさとチョイス」が一番おすすめだと思うけど、

もっとお得にふるさと納税したいなら、「ASP経由」で「さとふる」「ふるなび」で寄付すると、購入金額の○%をセルフバック(キャッシュバック)できるからおすすめ。

※詳しくは以下ページ↓を参照されたし。

ふるさと納税はセルフバック(自己アフィ)が得やで!!【キャッシュバック】
画像引用:総務省|ふるさと納税ポータルサイト このページは、 「ふるさと納税するなら、ASP・ポイントサイト等からセルフバックすると更にお得ですぞ!」 みたいなことを書...

 

おわり

コメント