ふるさと納税分がきちんと控除されているか確認する方法

「ふるさと納税した分が、きちんと控除されているか」を確認する方法についてメモ。

・来年の自分用

・個人事業主向け

確認方法

住民税

住民税の控除分については、

「おまえの住民税はこんな内訳だぞー」みたいなことが書いている「住民税の通知書」の中の「寄付金税額控除額」って部分を見ればOK。

 
▲俺の場合、「140,000円」分をふるさと納税していた。

その結果、住民税が「109,822円」控除されている。

てわけで俺の場合、

2017年に払わなければならない住民税が「109,822円」安くなるらしい。

所得税

所得税として控除される分は、

(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率

の式で求められる。

例えば俺の場合、「140,000円」をふるさと納税していて、所得税率20%だから、

(140,000円ー2,000円)× 20%(所得税率)= 27,600円

となり、2016年の確定申告の時点で、所得税が「27,600円」安くなっていたらしい。※1

合計

住民税と所得税の控除額を合計すれば、ふるさと納税した分が控除されているか分かる。

例えば俺の場合は、

109,822円27,600円=137,422円

となる。

つまり、「ざっくり14万円控除されてるね!」ってことが分かる。

「ふるさと納税の寄付金の上限」の計算は
シミュレーションサイトを使うべし!

このサイト(詳細シミュレーション | ふるさと納税サイト「さとふる」)の寄付金の目安額は、万の位までなら信用できるっぽい。
(実際に「住民税所得割」を算出してみたんだが千の位までなら合ってた)

だから、12月31日時点までに、確定申告を完成させて、

  • 売上
  • 経費
  • 所得控除

の3つのそれぞれの合計を出すことができれば、ざっくりとした寄付金の上限ギリギリを知ることができる。

俺の場合、このサイトで計算すると「164,000円」と表示されたから、「最低でも160,000円は寄附してもOKなんだな!」ってことが分かる。

つまり、「140,000円」しか寄附しなかったが、本当は「160,000円」まで寄附できたのだ。
勿体ないことをした・・。

むしろこのサイトで表示される寄付金の目安は、本当の上限より少なめに出るっぽい。

実際に自分で手計算してみたら、俺の寄付金の上限は「169,000円」だった。


▲この式で求められる

だから、このサイトの目安をちょっと超えたとしても問題ないかもしれん。

おわり

※1:正確には「復興特別所得税」って税率も計算に含めるらしい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク