Amazonの源泉徴収額(Tax Withholding)の帳簿での仕訳方法とか

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)では、月の振込みが「12万円」を超えた部分には、自動的に10%源泉徴収するようになってる(らしい)。

俺も、Amazonの報酬が月12万を超えてるから、源泉徴収されてた。

%e6%ba%90%e6%b3%89%e5%be%b4%e5%8f%8e_amazon21
▲「Tax Withholding」が源泉徴収額
(この場合、(160,704円-120,000円)✕10.21%=4,155.8円≒4,156円 となる)
※0.21%は復興支援税分

最初、コレの意味がよくわからなかったから、

  • なぜこうなるのか、
  • 帳簿での仕訳方法

などをいろいろと調べたからメモっとく。

※税金の初心者が書いた記事なので、間違ったことを書いている可能性があります。その際はこっそり教えてもらえるとうれしいです。

そもそも源泉徴収ってなに

源泉徴収は、「所得税の仮払いのこと」。

要は、「お前の所得税は大体これくらいになるから、代わりに俺が毎月天引いといてやんよwww」とかいう、お節介でしかない制度である。

国の財源を早く確保するために、源泉徴収という仕組みがあるらしい。

うん、まぁどうでも良いナ。。

※ちなみに、源泉徴収される額は「給与所得の源泉徴収税額表」っていう表にのってる額によって決まるっぽい。

参考:平成29年分 源泉徴収税額表|パンフレット・手引き|国税庁

源泉徴収される対象

源泉徴収は、「社畜」にのみ適用される。

だから俺のような弱小個人事業主には関係ない。

・・と思っていたが、どうやら”外交員”という分類に該当する人間に報酬を払うときは、「12万を超えた報酬部分には源泉徴収しろよカス」と税法?という法律で決められているらしい。

余計なことすんなよ。しねうんこ。

しかし、調べないわけにはいかないので、「”外交員”ってなんだ?」って思って調べた。

結果、

「外交員」の定義については所得税法に規定はありませんが、一般に外交員とは、

  • ①一定の者に専属し、
  • ②取引先や消費者などを訪問するなどして商品の販売等を行い、
  • ③その報酬が商品の販売高等に基づいて定められ、
  • ④これらの業務に係る費用を本人が負担している者

であると考えられています。

引用元:外交員報酬の源泉税│税理士 大阪 大阪市北区の木田会計事務所

ってことらしい。

つまり、Amazonは、自社の商品を売るために、俺のようなアフィリエイターを利用しているから、”外交員”に該当するみたい?(解釈が間違ってるやもしれん)

「じゃあなんでa8netとかアクトレとか、国内aspは源泉徴収されていないんだ?」とも思ったが、国内ASPは広告を仲介しているだけで、自社の製品を売ってもらってるわけじゃないから、源泉徴収する必要がないのやもしれん。(しらんけど)

なので、広告主と直接提携している場合なんかは、12万を超えると源泉徴収されるのやもしれん。(しらんけど)

まぁよく分からんことだらけやが、とにかく、Amazonで月12万を超えた部分の紹介料については、源泉徴収として10%を自動的に引き落とされるということだ。

これだけ理解しとけばよい。

詳しくは税理士か、yahoo知恵袋に常駐している暇人共にでも訊いてくれ。

俺は税金の専門家じゃないから分からん。というか理解するのが面倒臭い。

アフィリエイターはどうすれば良いのか

問題はコレ。

別に源泉徴収の仕組みなんかどうでも良い。興味ない。

税務署にケチさえ付けられなければ何でも良いのだ。

アホでも分かるように言うと?

要は、「源泉徴収というのは、税金の前払い」。

なので、確定申告の際に「俺もう今年こんだけ源泉徴収で払ってるでーーーwww」って確定申告書に書けば、本来払うはずの税金額から、源泉徴収の金額を差し引ける。

本来払うはずの税金 ー 既に源泉徴収で支払った税金 = 本当に払うべき税金

↑こうなるとなると思われ。

例えば、2016年の所得税が20万だったして、既に源泉徴収として3万払っている場合、

  • 20万 ー 3万 = 17万

って感じになり、2016年は「結果的に17万払えば良いよ!」みたいな感じになる。

確定申告書の書き方

源泉徴収分を税額から差し引くには、

  • 確定申告書(Bで説明する)第一表の㊹の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」
  • 確定申告書(Bで説明する)第二表の「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額)」

の2箇所に、Amazonの源泉徴収分を足し算すれば良い。↓

▲確定申告書(Bで説明する)第一表の㊹の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」

こんな感じで書く。

 ▲確定申告書(Bで説明する)第二表の「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額)」

源泉徴収の内訳を書く。
(「収入金額」の部分は源泉徴収された月の売上の合計を書く)

・手書きの人はこの2箇所に直接書く

・確定申告ソフトを使用している人は、補助科目でちゃんと仕訳しとけば、自動的にこの2箇所に転記されるから、特に気にする必要なし

・・と思ったが、ソフトの場合も手動で入力する必要があるっぽい・・。
少なくとも、俺が使ってるMFクラウドでは手動で入力する必要があった。↓
screenshot_731
ややこしすぎてハゲそう・・

仕訳はどうしたらいいか

実際の帳簿の付け方としては(冒頭に貼った画像↓で言うと)、

%e6%ba%90%e6%b3%89%e5%be%b4%e5%8f%8e_amazon21

  • 3月 1日:(借方)売掛金 160,704円/ (貸方)売上高 160,704円(1月分の売上計上)
  • 3月21日:(借方)普通預金 156,248円/ (貸方)売掛金 156,248円(1月分の売上振込)
  • 3月21日:(借方)事業主貸 4,156円 / (貸方)売掛金 4,156円(源泉徴収額)
  • 3月21日:(借方)支払手数料 300円 / (貸方)売掛金 300円(振込手数料300円)

という風に4回にわけて仕訳する。

源泉徴収を処理するのは「事業主貸」で、補助科目として「源泉徴収」みたいな項目を使って仕訳すれば良いと思われ。
(あとで「源泉徴収」の仕訳項目だけを集計して、「㊹所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」の欄に合計値を書き込めば良いと思う・・)

screenshot_781
▲実際の俺の仕訳(MFクラウド)

あとでこの合計を計算して、先述の「㊹所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」を計算すればいいンゴンゴ!(^◇^)

ちなみにこれは銀行振込の場合だから、Amazonギフト券払いの場合は異なってくるから注意ンゴ。

Amazonギフト券の仕訳は「楽天ポイント」と同じで、ちょっとややこしい。(まぁ「事業主貸」を使って仕訳すれば良いだけやが)

「よくわからん!」って人は以下↓の記事を参照されたし。

楽天アフィリエイトの確定日(締め日)と支払日【仕訳例あり】
楽天アフィリエイトの確定日(締め日)と支払日についてのメモ。 確定日・支払日 以下、楽天ページ引用。 成果発生の翌月末に成果報酬が確定...

おわり

Amazonアソシエイトの確定日(締め日)と支払日【仕訳例あり】
Amazonアソシエイト(アフィリエイト)の確定日(締め日)と支払日についてのメモ。 確定日・振込日 アカウントの管理メニューから「確定...
各ASPの「確定日」と「支払い日」まとめ【アフィリエイト】
アフィリエイトにおける、 各ASPの「確定日」 各ASPの「支払い日」 をまとめた。(自分用のメモ) ※...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク