左右(貸方・借方)のどっちに書けばいいのか?【覚え方】

仕訳(複式簿記)してると、

「貸方・借方、どっちだっけ?」

となることが多々ある。

そういう時のためのメモ書き。(自分用)

覚え方

下記の3点さえ抑えとけば、仕訳は余裕。

1.仕訳のパターン

すべての仕訳は、↓の5つのパターンのどれかに該当する。

  1. 資産科目・・・増加は借方、減少は貸方
  2. 負債科目・・・増加は貸方、減少は借方
  3. 資本科目・・・増加は貸方、減少は借方
  4. 費用科目・・・増加は借方、減少は貸方
  5. 売上科目・・・増加は貸方、減少は借方

だから、この5つのパターンを暗記するか、どこかにメモしておく。

2.「勘定科目はどのパターンか」を理解しとく

「それぞれの勘定科目はどのパターンに該当するのか」を理解しておく。

例えば、

  • 「接待交際費」は「費用科目」だよね
  • 「売上」は「収益科目」だよね!
  • 「事業主貸」は「資産科目」だよね!

みたいな感じ。

3.PL・BSシートの関係性

PLシート(損益計算書)、BSシート(賃借対照表)の関係性を理解する。

▲基本的に、PLシート・BSシートの左右の合計値は常に同じにならなければいけない。

つまり、この等式↓を常に満たすように仕訳しないといけない。

  • 「資産 + 利益 + 費用 = 負債 + 資本 + 売上」

だから、

  • 「資産」が増えれば、「負債」「資本」「売上」のどれかを増やすか、「資産」「費用」のどれかを減らす必要がある
  • 「費用」が増えれば、「負債」「資本」「売上」のどれかを増やすか、「資産」「費用」のどれかを減らす必要がある
  • 「負債」が増えれば、「資産」「費用」のどれかを増やすか、「負債」「資本」「売上」のどれかを減らす必要がある
  • 「資本」が増えれば、「資産」「費用」のどれかを増やすか、「負債」「資本」「売上」のどれかを減らす必要がある
  • 「売上」が増えれば、「資産」「費用」のどれかを増やすか、「負債」「資本」「売上」のどれかを減らす必要がある

という感じにしないといけない。

例えば、以下のような仕訳があったとする。

3月1日に、「サーバー代」(経費)として、クレジット(個人用口座引落し)で10,000円を支払った

  • 3月 1日:(借方)通信費10,000円 / (貸方)事業主借10,000円

この仕訳が「なぜこういう風になるのか?」を順を追って説明する。

①サーバー代=通信費

まずこの場合、「サーバー代」は、勘定科目の「通信費」に該当する。

これは、「なぜそうなるの?」というものではなくて、

「通信費っていう勘定科目はサーバー代も含みそうだよね!(テキトー)」という感じで適当に決めているだけ。

だから、他にも「サーバー代」が該当しそうな勘定科目がある場合は、そっちにしても良い。

②通信費=費用

んで、「通信費」という勘定科目は、

↓の5つの種類で言うと「費用科目」に該当する。

  1. 資産科目・・・増加は借方、減少は貸方
  2. 負債科目・・・増加は貸方、減少は借方
  3. 資産科目・・・増加は貸方、減少は借方
  4. 費用科目・・・増加借方、減少は貸方 ←これ
  5. 売上科目・・・増加は貸方、減少は借方

そしてこの場合、10,000円を払ってるわけだから、「費用科目」は増加している。

だから、仕訳としては、「借方」に「通信費」を書く。

③費用が増えた原因

次に、「通信費」(費用)が増加したわけだから、

  • 「負債」「資本」「売上」のどれかを増やすか、「資産」「費用」のどれかを減らす必要がある

っていう風にする必要がある。

▲「資産 + 利益 + 費用 = 負債 + 資本 + 売上」

すなわち、「費用が増加した原因」を「貸方」に書けばいい。

この場合、「サーバー代」という「費用」が増加した原因は、「クレカ(個人用口座引落し)で支払ったから」。

だから、「貸方」には「事業主借」(負債)を書く。

この場合、クレカ支払いと言っても、「個人用口座引落し」だから、個人用の財布から支払ったのと同義。

だから「事業主借」なのである。

つまり、「サーバー代」という名の「費用」が増加して、「事業主借」という名の「負債」が増加した形にすれば良い。

他にも、例えば、

  • サーバー代を、事業用の現金で10,000円支払った場合:
    ⇒「貸方」には「現金」を書く
  • サーバー代を、事業用の口座から銀行振込で10,000円を支払った場合:
    ⇒「貸方」には「普通預金」を書く

って感じになる。

まとめ

以下の3つを理解すれば仕訳は余裕。

1.仕訳の5つのパターンを覚える(もしくはメモしておく)

2.勘定科目がどのパターンに該当するか理解する

3.PL・BSシートの関係性を理解する

おわり

個人事業主(アフィリエイター)2年目の俺。 今までの確定申告歴は、 1年目:白色申告・・・・・・・・・・・・「手書き...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク