楽天アフィリエイトの確定日(締め日)と支払日【仕訳例あり】

楽天アフィリエイトの確定日(締め日)と支払日についてのメモ。

確定日・支払日

以下、楽天ページ引用。

成果発生の翌月末に成果報酬が確定します。(※成果が発生した翌月に成果が確定せず、翌月以降に確定する成果も一部あります。)

成果が発生した翌々月10日に成果報酬が支払われます。

引用元:【楽天アフィリエイト】いつでもラクラク無料でスタート!成果報酬・料率ランクについて

楽天アフィリエイトはポイントで付与されるので、確定日=振込日になる。

つまり、

  • 確定日:翌月中(10日)
  • 振込日:翌月中(10日)

という風に仕訳すれば良い。

「翌月の○○日までに確定する」という情報までは書いてないみたいだから、「10日に確定して10日に振込する」という風に仕訳しとけば問題ないんじゃないかと思います。

確定額・支払額の確認方法

確定

「確定・報酬レポート」ページより確認できる。

%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e9%a1%8d%e3%83%bb%e6%94%af%e6%89%95%e9%a1%8d%e3%81%ae%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e6%96%b9%e6%b3%95_%e6%a5%bd%e5%a4%a9222
▲「確定・報酬レポート」→「年単位の確定・報酬一覧はこちら」→ 報酬額を見たい年度を選択
(「振込額」=「1ヶ月前の確定額」となる)

支払い

このページ(【楽天PointClub】:ポイント履歴)より確認できる。

仕訳例

たぶん、3つの方法があると思われ。

①「事業主貸」「事業主借」で仕訳

この方法が一番かんたん。(特に理由がないならこの方法で仕訳すべき)

楽天ポイントを「事業主貸」「事業主借」にすることで、個人事業主(つまり自分)に金を貸したような形にして処理をする方法。

仕訳例:

6月10日に10,000楽天ポイントの付与があった場合の仕訳例。

6月10日:(借方)売掛金10,000円 / (貸方)売上高10,000円(4月分の売上計上)
6月10日:(借方)事業主貸10,000円 /(貸方)売掛金10,000円(4月分の売上を事業主に渡す)

※振込手数料は無料。

この後は、「獲得した楽天ポイントをどのようにして使用したか」によって、仕訳が変わってくる。↓

その後のポイント使用方法①:プライベートな買い物をした

獲得した楽天ポイントで、プライベートな買い物をした場合は、何も仕訳しなくて良い。

これで終わり。

その後のポイント使用方法②:事業用の買い物

獲得した楽天ポイントで、

事業に関連するモノ(例えば書籍)を10,000ポイント分購入した場合は、

  • 7月1日:(借方)図書研究費10,000円 /(貸方)事業主借10,000円(書籍代1万円)

って感じで「事業主借」で仕訳する。

ちなみに、楽天ポイントは、楽天ふるさと納税(プライベート支出)で全額使っちゃうのが一番楽ちんだと思う。

毎年絶対に使うし、ポイントが付くから他のふるさと納税サイトより得だし。

②「楽天ポイント」という勘定項目で仕訳

楽天ポイント」という勘定項目を自作して仕訳する方法。(勘定科目の名前はなんでも良い)

仕訳例:

6月10日に10,000楽天ポイントの付与があった場合の仕訳例。

6月10日:(借方)売掛金10,000円 / (貸方)売上高10,000円(4月分の売上計上)
6月10日:(借方)楽天ポイント10,000円 /(貸方)売掛金10,000円(4月分の売上受取)

ただし、この場合、「アフィで得た楽天ポイント10,000ポイント+アフィ以外で得た楽天ポイント1,000ポイント」の合計11,000ポイントの商品(例えば書籍)を購入したような場合、

7月1日:(借方)図書研究費11,000円 /(貸方)楽天ポイント10,000円                    /(貸方)事業主借1,000円

って感じで仕訳しなければならない。

色々とややこしいから、①の方法で仕訳した方が良いと思う。

③楽天銀行で現金化してから仕訳

楽天アフィは、3,000ポイント以上の報酬については、「楽天キャッシュ」という現金化可能なポイントで支給してくれるみたいなんだが、

これについてもややこしくなるから、やらない方が良いと思う。

3,000ポイント以上は、強制的に現金で支給する仕様に変更されたみたいなので、この仕訳が必須になりました。


仕訳例:

  • 6月10日に楽天ポイント10,000をゲット→7,000ポイント分を現金化
  • 6月20日に3,000ポイント分で事業用の書籍を購入

した場合を想定する。

以下、仕訳。

  • 6月10日:(借方)売掛金10,000円 / (貸方)売上高10,000円(4月分の売上計上)
  • 6月10日:(借方)普通預金7,000円 /(貸方)売掛金7,000円(4月分の売上振込)
  • 6月10日:(借方)事業主貸3,000円 /(貸方)売掛金3,000円(3,000ポイント分だけ事業主に渡す)
  • 6月20日:(借方)図書研究費3,000円 /(貸方)事業主借3,000円(事業主に渡した3,000ポイントで事業用の書籍購入)

※この場合も、「①「事業主貸」「事業主借」で処理」か「②「楽天ポイント」という勘定項目を作る」の方法を併用する必要がある。

ちなみに、1回の振込額が10万円を超える場合は、翌日に回されるらしい。(更に仕訳が面倒くさくなるっぽい・・)

ポイントの計上のタイミングは?使った時点?

ポイントは使った時点で売上になる

だから、正確に言えば、ポイントを使用した時点で、↑のように仕訳するのが正しくて、月末に使用しているポイントを売上として計上するのは厳密に言えば間違っている。

しかし、税務署によって”ポイント”についての解釈が違うらしいし、そもそも仕訳がややこしくなるから、ポイントが付加された時点で仕訳するのが一番良いと思う。それで税務署に文句を言われることは多分ないから。

ちなみに、仕訳ルールは最初に決めたルールをずっと守る必要があるから、途中で変更するのはNG。

例えば、2016年は「月末時点にポイントを計上」としてたけど、2017年からは「ポイントを使った時点で計上」みたいに変更するのはNG。脱税になる。

まとめ

・楽天アフィはクソだから「Google Adsense」か「Amazon」を使おう(小声)

おわり

アフィリエイトにおける、 各ASPの「確定日」 各ASPの「支払い日」 をまとめた。(自分用のメモ) ※随時追加して...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク