アフィリエイトで按分して計上できる経費とかいろいろ【仕訳例】

アフィリエイター・ブロガーが、

按分(あんぶん)して計上できる経費などについて色々メモ。

按分(あんぶん)とは?

按分(あんぶん)は、経費を計上する際に、「事業用」と「個人用」に分けて計上すること。

(基本的に)アフィリエイトで稼ぐために必要だった出費は、「経費」として計上できるが、全額(100%)が経費として認められない経費もある。

例えば、アフィリエイトで稼ぐには、ネット環境が必要不可欠であるが、

だからと言って「ネット代を全部経費にする」というのは難しい。

なぜなら、「アフィリエイト以外でもネットは使うでしょ?」っていう風に税務署から突っ込まれるからである。

だから、ネット代のような「事業でも使うし、個人でも使うよ!」という風な出費は、「按分」という形で、「事業用」と「個人用」に分けて計上する必要があるのである。

○100%使用する場合でも按分の必要??

アフィリエイト以外ではネットを使用しない!」という場合は、ネット代を「100%経費として計上しても良いんじゃねーの?」って思うかも知れんが、

社会通念上、ネットがあれば個人用としても使うだろカス」っていう風に判断されちゃうのが普通っぽいから、「アフィリエイト以外ではネットを使用しない!」という風に主張してもムダなだけと思われる。

だから、経費を計上する際は、社会通念上(世間の常識的に考えて)を考慮する必要があるっぽい。

どういう基準で按分するか

按分する際の基準は、

  • 使用面積
  • 使用日数
  • 使用時間

を使用する。

例えば、ネット代を、按分する際には、「使用日数」か「使用時間」を使用する。

例えば、毎日10時間ネットを使用するとして、

  • 事業用として使用する時間:6時間
  • 個人用として使用する時間:4時間

という場合、経費として計上できるのは、60%となる。

この場合、仮に、ネット代が「4,000円」だった場合、

  • 4,000円 × 60% = 2,400円

という感じになる。

按分の仕訳

仕訳例を紹介する。

1)ネット代を100%経費として計上する場合

「通信費」などの勘定科目で仕訳するだけ。

仕訳例:

3月1日に、ネット代「4,000円」を、クレジットカード(引落し口座:個人)で支払った。

  • 3月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円

2)ネット代を60%経費として計上する場合

按分する場合、「事業主貸」を使用する。

↓のように、「4,000円」のうち、40%を「事業主の分として払ったよ!」という形にして処理する。

仕訳例:

3月1日に、ネット代「4,000円」を、クレジットカード(引落し口座:個人)で支払った。(按分比60%)

  • 3月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 3月1日 :(借方)事業主貸 1,600円 / (貸方)通信費1,600円

あと、ネット代のように、毎月支出される経費の場合、年末(12/31)に1年分の按分の仕訳を一気にするのが普通。

つまり、こういう感じにする。↓

仕訳例:

2016年は、毎月ネット代「4,000円」を、クレジットカード(引落し口座:個人)で支払った。(按分比60%)

  • 1月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 2月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 3月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 4月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 5月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 6月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 7月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 8月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 9月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 10月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 11月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 12月1日 :(借方)通信費 4,000円 / (貸方)事業主借 4,000円
  • 12月31日 :(借方)事業主貸 19,200円 / (貸方)通信費 19,200円

※12月31日に、1年分の按分仕訳を一気に行うのが普通

ちなみに、クレジットカード(引落し口座:個人)で支払っている場合は、以下↓のように「事業主貸」を使わなくても別に問題ない。

仕訳例:

3月1日に、ネット代「4,000円」を、クレジットカード(引落し口座:個人)で支払った。(按分比60%)

  • 3月1日 :(借方)通信費 2,400円 / (貸方)事業主借 2,400円

○確定申告ソフトの場合!

巷で人気の確定申告ソフト(MFクラウドやfreeeなど)では、按分比さえ入力すれば、自動的に仕訳を実行してくれるようになっとる。

▲MFクラウドの場合、「決算・申告」→「家事按分」から、勘定科目(補助科目)ごとに按分比を設定できる

便利じゃぞ。

アフィリエイトで按分して計上できる経費

俺が按分して計上してるのは(今のところ)4つだけ。

他にも按分して計上する経費がでてきたら追記する予定。

①家賃(更新料・仲介手数料など)

%e5%ae%b6

自宅で作業している場合は、家賃も按分して経費にできる。

基本的に、

  • 自宅で作業してるなら、作業時間・専有面積などで按分(あんぶん)して計上する
    • ワンルームの場合:
      • 作業時間で按分する
    • 部屋が複数ある場合(1LDK等):
      • 専有面積で按分する
  • 仕事用に借りた事務所なら、100%経費として計上する

って感じで、どちらかの考えで計上すれば良いと思われ。

俺の場合、自宅(ワンルームアパート)で作業しているから、(毎日17時間くらい作業しているという前提で)按分70%として計上してる。
(まぁ実際、ダラダラしつつもそれくらい作業してるから間違ってはないはず)

80%にしようとも思ったが、それだと毎日19時間作業してる計算になるので、それは流石にムリがあるので止めた。

②電気代

%e9%9b%bb%e6%b0%97

パソコンがないとアフィリエイトの作業ができない
        ↓
パソコンは電気がないと動かせない

ってわけで、電気代も按分して計上できる。

電気代を按分する際は、

  • コンセントの数で按分する
  • 使用時間で按分する

という2通りの方法があるっぽい。

俺の場合、ワンルームだから、家賃と同じ按分70%とした。

コンセントの数で按分しなかった理由:

  • コンセントの数で按分なんてどう考えても正確じゃないから(機器によってワット数とか違うから)
  • コンセントの数で按分すると絶対に安くなっちゃうから(損するから)
  • コンセントの数が常に変わるから、按分根拠としては使えないから(新しい機器を買い足したりすると変わるから)
  • そもそも数えるのが面倒臭いから(多すぎるから)

ガス代と水道代は・・?

「ガス代」と「水道代」も、仕事中に飲んだコーヒーなどをこじつければ按分計上できるやもしれんが、まぁ難しい気がする。(税務署員を納得させる自信があるなら計上すればよい)

③ネット代(プロバイダ代も含む)

ネット代も(当たり前やが)按分して計上できる。

俺の場合、これも家賃と同じく按分70%とした。

まぁ実際、ほとんどアフィの作業ばっかしてるから、間違ってはないしな・・。

④スマホ代(通信費・電話代)

俺の場合、これも家賃と同じく按分70%とした。

正直、「事業用で70%も使ってねえだろ」って感じなんだが、「個人用としてもほぼ使ってないから、家賃と同じで70%でいいんじゃね?」っていう適当な理由で決めた。

まぁ、稀にASPとかから電話がかかってきたりするしな。一応事業用として使っとるわい。

税務署から指摘されたら直せばええやろ。(テキトー)

ただ、俺は2017年3月から、「0 SIM」(アフィリンクではないから安心せい)とかいう、月0円の格安SIMに移行したから、この経費は0円になる予定。

あと、(俺の場合)スマホ代(本体代)は、100%経費とする予定。

もし、「個人用のスマホとして使ってんじゃないの?」と突っ込まれたら、
「いや個人用は別のスマホを使っています!このスマホは自サイトの表示を確認する用に購入しました!なので100%事業用です!」と言い切る予定。

按分比は高く設定しとくべし

按分比は、一度決めると途中から変えることが出来ない。

だから、なるべく最初から按分比を高めに設定とくべし。

「指摘されれば直せばいいや!」っていうスタンスで良いと思ふ。

経費の仕訳例

いろいろな経費の仕訳例を知りたい場合は、以下ページを参照されたし。

アフィリエイトで計上できる経費の種類【勘定科目と仕訳例】
アフィリエイトで、経費として計上できる費用についてメモっとく。 アフィリエイター・ブロガーなどは参考にしてみてくだされ。 最初に ...

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク