【アフィリエイト】サイトの購入費を一括で償却する方法

サイトの購入費を一括で償却する方法について、

ツイッター上で「こうやったら良いんじゃね?」というやり取りを見つけたのでメモしとく。(これ

サイトの購入費を一括で償却する方法

1.請求書を「WEB制作費」「記事代」などにしてもらう

「サイトを丸ごと譲渡してもらう」という形にすると、

「サイトを丸ごと譲渡してもらう」=「資産(営業権)を譲渡してもらう」ということになり

「資産計上→減価償却という風にして経費計上すべきだよな」ということになる

これだと、5年かけて償却しないといけなくなっちゃう。

”資産”だから。

でも、「譲渡してもらうサイトと全く同じ内容・デザインのサイトを”制作”してもらった!」という形にすれば、

「全く同じサイトを作ってもらったとは言え、サイトを作ってもらったわけだから”WEB制作”してもらったってことだよな」ということになり

「外注費などで経費計上すれば良いよな」ってことになる

つまり、資産計上せずに「普通の経費と同じように計上できるじゃん!」となる。

○実際のサイト譲渡手順

「こういう風に譲渡すれば良いよね」という手順を紹介。

例えば、以下のサイトAを譲渡してもらいたいとする。

サイトA
サイトのドメイン aaa.com
サイトの記事 ○○○
サイトのデザイン △△△

「サイトAを丸ごと譲渡してもらう」という方法で譲渡してもらう場合、

  1. aaa.com」というドメインを移管してもらう
  2. サイトの内容を丸ごとコピーする(Wordpressの場合はプラグインを使って丸ごとコピーしたり)

という風に譲渡してもらえば良いと思われ。

そして、譲渡してもらう相手からもらう請求書には「WEBサイト譲渡費」という名目にして貰えば良いと思われ。

■■■

「サイトAと全く同じ内容・デザインのサイトを”制作”してもらった!」という方法で譲渡してもらう場合、

  1. 「bbb.com」というドメインを新規で取得する
    • もしくは「aaa.com」の有効期限が切れるタイミングで、譲渡される側が「aaa.com」を取得する
  2. ○○○」という記事を外注して納品してもらう
  3. △△△」という内容で、サイトのデザインなどを変えてもらう

という風にして譲渡してもらえば良いと思われ。

そして、譲渡してもらう相手からもらう請求書には「サイト制作費」「記事代」という名目にして貰えば良いと思われ。

2.ドメインを破棄する

資産は廃棄すれば、残りの資産を一括で償却することができる。

なので、

  • 「サイトが飛んでしまったので、サイトとしての価値が無いに等しい!」
  • 「でも残りの資産価値が100万円も残っている!」

みたいなサイトの場合、ドメインを破棄することで、残りの100万円を一括で償却できる。

ただ実際、「ドメインを更新せずにそのまま解約されるのを待つ」というのはできるが、「ドメインを破棄」というのはできないので、期限が切れるまで待つしかないと思われ。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク